読んだ本:『たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~』島崎トーソン

『たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~』

「iCustomで変幻自在のメタトレーダー」と同じ著者さんの本で、内容も続編になります。

前作は「とりあえずEAを作ってみよう」で
今回は「ちょっとだけ応用させてみる」なコンセプトです。

時間軸を変えたり、パラメーターを変えたり、エントリーの条件を増やしたりして
成績が上がらないか検証してみよう!ってことをしていますが、、、

やってることは一歩間違えばカーブフィッティングなのでご注意下さい。

まあ応用とはいっても、本編は前作を読めば自分でできるレベル。
iCustom関数の使い方が十分わかったと思えば、特に読まなくてOKだと思います。

それよりも、このサイトの読者さん的に気になるのは・・・

特別付録その3「入手したインディケータをEA化」

ここでしょう。

僕も含め、特典でMT4関連のツールを提供する人の種明かしでもあります。笑
お気に入りのインジケーターがあればEA化に挑戦してみてもいいかもしれません。

※購入すると↑のサイトから、本書で使われてるEAをダウンロードできます。

コメントを残す