バイナリーオプションとFXの顧客属性の考察


興味深い記事がありましたので紹介します。

FX関連のビジネスを手がけている、マーケティング会社へのインタビューです。

バイナリーオプション vs FXトレード
http://jp.forexmagnates.com/2013/02/05/forex-software/6769

Ran氏:「私は最終的に、FXとバイナリーオプショントレーダーは、リスク重視の同じ顧客層だと信じています;一方、新規の顧客に関して、人々(orあなた)は、FXの顧客は、より経験を積んだトレーダーであり、経済的に強固な状況にあり、一方、バイナリーオプションブランドは、いち早くお金を生み出し、ギャンブルを求める顧客層にターゲットしていると異議を唱えるかもしれません。既存顧客に関しては、トレーディングや市場分析に精通しているFXトレーダーをバイナリーオプショントレーダーに転換させるのは、難しいでしょう。」

(上記ページより一部を抜粋)

翻訳なので少々読みにくいんですが、要するにこういうことです。

  • バイナリーオプションは仕組みが簡単だから説明しやすい
  • だから証券会社は低いコストで新規顧客を獲得できている

またこういうことも書かれています。

  • 集客の手段は主にコストが安いアフィリエイトなど
  • 広告媒体の質が低いからお客さんの質も低い
  • 知識が十分にある人はバイナリーには転向しない
  • ビジネスとして短命になりがち

早い話が、バイナリーオプションは「情弱向けのビジネス」ということです。。。
これは海外のインタビューですが、日本でも状況はほとんど同じだと思います。

バイナリーオプションを紹介しているサイトを見ると

「倍々ゲームで資産が増える」
「50%をす超える勝率を出せばいいだけ、難しくない」

などと射幸心を煽りまくったサイトばかりです。

インタビューでは、

「サイトの質が低いから、顧客の質が低い」ってことを書いてますが、それは逆で
「質が低い顧客がいるから、そういうサイトが作られる」のだと思います。

だってサイト作る人は狙ってやってますから(笑)

このサイトはそんな人には来てほしくないので、
インテリな人向けに書いているつもりです。

ともあれバイナリーオプションが盛り上がってるのは確かですから、
いいFX商材がバイナリーオプション商材として販売されることも十分考えられます。

販売者さんとしては、FXでもBOでも使えるノウハウであれば、
売れる方の切り口で販売した方がいいわけですからね。
(それが良いか悪いかは置いておいて)

残念ながら今のところそういった商材は見当たりませんが、
引き続きアンテナは張っておこうと思います。


コメントを残す