【検証&評価】バイナリー大百科

『バイナリー大百科』はバイナリーオプションの裁量教材です。

バイナリーオプショントレーダー必須の「辞書」

とのことですが、


テクニカル指標を使った手法の紹介ですね。

このボリュームと内容で29,800円とは・・・
一桁違うのではないでしょうか。

裁量教材の価値は、
『勝っているトレーダーが書いているか』
という1点のみで決まります。

本物の人のフィルターを通った”智慧”には価値があるわけで、
ただの知識に何万も払う意味はありません。本読めばOKです。

では『バイナリー大百科』販売者のニーノさんがどうかというと・・・

『3年弱で2700万円稼いだ』といっていますが
本当かどうかはわかりません。

本当かも知れませんし、証拠を見せろとは別に言いませんが、
少なくともトレードで勝っている人の立ちふるまいには、私には見えません。

そういうのは自然と文章に滲み出るものですよ。

ぜひ参考に見てみて下さい。

運営ブログ:http://affili-jio.info/
会社サイト:http://marketing-communications.jp/

ということで、

販売者さんの実力を信じられない限りは
手を出さない方がいいでしょうね。

知識を身につけたいなら『投資苑』を買えば十分です。

販売情報

販売ページ:http://binary-daihyakka.com/top/
価格:29,800円
販売者:マーケティング・コミュニケーションズ株式会社

コメントを残す