catch-simulator

アドバンスド・ホーミングFX、MaestroFXなど
裁量トレード教材に特典を追加します。
「【破産確率シュミレーター】裁量トレードの教材に特典追加します」の続きを読む…

catch-b32

バイナリーオプションレーダー「B32」は
バイナリーオプションに特化したMT4のインジケーターです。

元パチプロがBOに転身して編み出したロジックだそうです。

販売ページをちょっと検証してみましょう。

なんだか凄そう

画像を見ると凝ったインジケーターということがわかります。

THVシステムを思い出す見た目です。


(THVシステム)

表示されている項目も

  • 複数時間軸のチャートパターン
  • PIVOT
  • 各市場時間帯

と似ているので参考にされたのかもしれませんね。

売買ロジックは

「全部こっちでやるから右下のサイン表示だけ見てればOK」

とのこと。

ブラックボックスタイプですね。
(だから悪いというわけではありませんが)

1/2じゃ勝てないです

元パチプロの人が開発していて、
おそらく対象もギャンブラーが想定されてるのかも知れませんが

「確率2分の1のシンプルな勝負」

ということがよく書かれています。

が、胴元がいくら持っていくかという問題(ペイアウト率)があるので、
勝率50%だと当然負け越します。

「上がるか下がるか」という意味では「2分の1」と言えなくもないですけど。笑

ペイアウト率と勝率の関係を見てみましょう。

ペイアウト率 必要な勝率
100% 50%
95% 51%
90% 53%
85% 54%
80% 56%
75% 57%
70% 59%
65% 61%
60% 63%

60セカンズだとペイアウト率は70%位なので、
プラスで終えるために勝率は59%ほど必要です。

では「B32」がどの位の勝率なのかというと、書いていません…orz

これでは評価のしようがありません。

楽しいかもしれませんが結局ギャンブル

賭けの対象はEasyGetter(イージーゲッター)社の「60sec」という商品で、
これは60秒後に上下どっちに行くかを予想するというもの。

経済物理学という学問分野では、
「為替レートは短期においては予測可能」ということが言われていますし、

HFT(高頻度トレーディング)で1秒間に数百回も売買して
莫大な利益を上げているヘッジファンドもありますが、

それとこれとは次元が違うお話です。

僕たち個人トレーダーにとっては、
60秒後の為替レートのは単なる誤差(ノイズ)と思っていいです。

バイナリーオプション、特に60セカンズは
”投機”とは呼べないし、もちろん”投資”でもありません。

やるなら”テラ銭がワリと少ないギャンブル”として楽しみましょう。

僕はギャンブルは嫌いです。笑

販売情報

販売ページ:http://www.trading-com.com/b32/
価格:19,800円
販売者:株式会社ユニバーサルトレーディング

catch-zencopi

成果報酬型のコピートレードサービスの募集がされています。

コピートレードとは、
トレーダーが行ったのと同じトレードを自動で行うシステムです。

こんな感じの流れになります。
[box_b]
(トレーダー側) トレードをする
  ↓
(トレーダー側) トレードの内容をソフトで自動送信
  ↓
(ユーザー側)  その情報をソフトで自動受信
  ↓
(ユーザー側)  MT4が勝手に同じトレードをする
[/box_b]
わずかなタイムラグや証券会社の違いがあるので厳密には全く同じにはならないのですが、
スキャルピングではないのでそこは気にしないでいいかと思います。

コピートレードの長所としては、

「勝っているトレーダーと同じトレードができる」

これに付きます。

教材にするにしても、EAにするにしても、
裁量トレーダーの頭の中を完全にトレースすることは難しいので、
同じトレードがしたいなら、現実的にはコピートレードしかないと思います。

コピートレードの短所としては、

「実力がつかない」

これがあります。

資金はラクして増えるかもしれませんが、あくまで他人がするトレードなので、
そのコピートレードがなくなった時に、自分で勝てる力は付きません。

「自分の力で勝たないと意味がない」と思うか、
「勝てるんだったらなんでもいいよ」と思うか、

それぞれの価値観次第です。

コピー元のトレードは「FX全力男」さんが裁量で行います。

FX全力男さんといえば「全スタFX」や「全スキャFX」という教材も発売されていますね。

これらの教材のレビューはまた時間があるときにしたいと思いますが、
私はFX全力男さんが裁量トレードで勝っているというのは本当だと思っていて、

この人が「どういう考えをもってどの位置でエントリーするのか」を
リアルタイムの相場で知れるのはいいなと思って申し込んでみました。

ファンダ・指標などのマクロ的な要因とか、株とか先物も含めた
「全体のお金の流れ」を見て投機対象を決めているそうで、かなり勉強になりそう。

費用は

  • 月額1万円の固定費と
  • 成功報酬として利益の30%(資金量に応じて優遇あり)

です。

30日間はすべて無料で、運用もデモ口座でOKということです。

ノーリスクなので早速申し込んで、先ほど設定も終わりました。

全コピFX 設定

EAがサインを受信してトレードする形なので、
MT4は常時起動させておく必要があります。

気になる点まとめ

みなさんが気になると思う点をまとめます。
というか私が申し込みの際に気になった点です。

■手法は?

手法は逆張りです。

急落からの反転をピンポイントで狙いに行く手法で、
マーチンゲールのようなナンピンを前提にしたものではありませんが、
許容範囲内であれば柔軟に対応していくそうです。

デイトレまたはスイングで、スキャルピングのように頻繁にはトレードしません。

■証券会社の指定は?

口座縛りはありません。
MT4が使える業者であればどこでもOKです。

手数料目当てではないということですね。

■運用資金は?

資金に応じてロットを計算するので、いくらでも良いのですが、
あまり少ないと固定費を回収できないので、20万円くらいは用意した方がいいかと思います。

ただし無料期間中はデモ口座でもOKです。

■成功報酬の支払いは?

どれだけの利益が出ているかは、システムでMT4上のトレード内容を集計し、
ユーザー側で過少申告したり、販売者側がぼったくることは出来ないようになっています。

利益に応じた成功報酬をクレジットカードか銀行振込で支払います。

■解約の方法は?

これはインフォトップのマイページで解約ボタンを押すだけです。

販売者に連絡を取る必要もありませんので、
なんやかんやと理由を付けて解約できないということもありません。

成績ありきの商品なので、成績が悪いようなら遠慮なく解約してしまえばいいです。

上で書いたように30日間はノーリスクですし、
特典も色々と充実してますので、オススメできます。

全コピFX
http://assets-book.com/fullcp/1st/

catch-uneripro

「うねり」とは?

「うねり」というのは大昔からある相場用語で、
ざっくりいうと”チャートの波”のことです。

  • うねりの上昇局面では買いポジションを連続して建てる
  • うねりの下落局面では売りポジションを連続して建てる

「うねり取り」というポジションサイジング、建玉技法です。
(林輝太郎先生の「うねり取り入門」という本が有名です)

言葉で書くと分かりにくいですが、ようするにナンピン戦略です。

販売ページにうねり取りのイメージがありましたので引用します。

元々は株とか商品先物のトレードで使われてた技術ですが、
FXにもってきたのがこの商材、ということです。

「うねりFX」の後継Ver.

以前にも「うねりFX」という同じくFX版うねり取りのEAを発売していて、
「うねりFXプロ」はそのバージョンアップ版です。

主な変更点として各種パラメーターを調節できるようにして
「カスタマイズ性を高めた」とのことですが、

パラメーターの調整をユーザーに任せる姿勢はどうなんだろうと思います。

柔軟に調整できる方にはいいかもしれませんが、
初心者には使いこなせないし、丸投げにしか感じられないでしょう。

成績

Myfxbookとfx-onで成績が公開されていますので転載します。


http://fx-on.com/systemtrade/once.php?i=3068&c


http://www.myfxbook.com/members/fxnky2/uneri-pro/401234

すさまじいドローダウンですね。。。

「うねり取り」が機能してないということでしょう。

販売情報

販売ページ:http://www.info-studies.com/unepro-top/
価格:39,800円
販売者:インフォスタディーズ/二宮 元太郎

catch_tmt

鉄板マスタートレンド(TMT)の10月22日~10月26日の検証結果です。

ユーロドルは先週半ばから下げトレンドの最中ですね。
先週、頭を少し獲ったのですが、今週はダマシに翻弄された1週間となりました。
「鉄板マスタートレンド 検証 11」の続きを読む…