私は大学生の頃からを相場やっていたので(最初は株から)、
これまで何人ものトレーダーに実際に会ったことがあります。

話を聞いてみると、どうやら勝っている裁量トレーダーにはいくつかの共通点があるようです。
その1つは

少数のメジャーなテクニカル指標しか使わない

ということです。

メジャーなテクニカル指標というのは

  • 移動平均線
  • トレンドライン
  • サポート・レジスタンス
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • MACD
  • RSI

この辺りの誰でも知っているようなテクニカルで、2~3つ位しか使っていません。
あとはアクセントとしてフィボナッチ位でしょうか。

極端な人だと、ティックしか見ないという人もいます。
(その人はそれで全ての時間軸のチャートが頭に描けるそうです。バケモノですね。)

「○○波動」とか「△△チャート」や
難しい計算式を使ったテクニカルやは興味がなくて、

「そんなもんはオカルトだよ」
「大勢が使ってるから意味がある」

みんな揃ってこう言います。

伝説は神話だった

W・D・ギャン

この事について面白い話が1つあります。

「ギャン理論」ってご存知でしょうか?

ウィリアム・デルバート・ギャン。
5000万ドル(今の価値に直すと50億ドル)稼いだといわれる伝説のトレーダーで、「ギャン・アングル」とか「カージナル・スクウェア」といった独自のテクニカルを展開した人です。

日本でも何冊も本が出ています。
読んでみると、それはなんとなく相場をうまく説明できているような気もします。

しかし、このギャン理論について
アレキサンダー・エルダー博士ラリー・ウィリアムズは著書の中でこう書いています。

衝撃ですよ。

 いろいろな便乗商法で「ギャン講座」や「ギャンのソフトウエア」が売られている。それらは、ギャンがこれまでのトレーダーで最も優れたひとりであり、5000万ドルの財産を残したなどと主張する。私はボストン・バンクのアナリストをしているW・D・ギャンの息子と面談した。彼は私にこう言った。有名な父はトレーディングで家族を養うことはできなかった。それで、トレーディングに関する本を書いて売ることで生計を立てた。W・D・ギャンが1950年代になくなったとき、家を含む彼の遺産は10万ドルをわずかに超える評価額だった。トレーディング界の巨人であるW・D・ギャンの伝説は、だまされやすい顧客に講座やほかのツールを売る人々によって不滅のものになっている。

「投資苑-心理・戦略・資金管理」 より

 私はR・N・エリオットや数人の一流占星術師などに加えて、W・D・ギャンの著作も研究した。それらは結局のところ、すべて時間の浪費だった。やがて、私は幸運にもギャンの息子に遭うことが出来た。彼はニューヨークでブローカーをやっており、彼の父は単にチャーチストだと私に説明した。父はみんなの言うとおり優れているのなら、その息子が今でも「ほほ笑みながら電話をしていて、顧客にトレードを勧めている」はずはないだろうと、彼は私に言った。父親が宣伝されるせいで多くの人が聖杯を求めて彼のとろこにやって来るので、彼はいくぶん迷惑しているようだった。聖杯があるなら、それは息子には決して手渡されなかったのだ。

 私はまた、ギャンの公演を手配したり宣伝をしたりしていたF・B・サッチャーにも会った。サッチャーが亡くなる5年前に、私は彼と手紙のやりとりをした。そのなかで、ギャンは必ずしも株式トレーダーとして優れていたわけではなく、宣伝が上手だっただけだとサッチャーは認めた。

「ラリー・ウィリアムズの株式必勝法」 より

※太字は雨宮が付けました

これほんとビックリです・・・

現在価値で約5,000億円を稼いだ”伝説”のトレーダーの実体は、
ネットスラングでいうところの単なる商材屋だったというわけです。

伝説は神話だったんですね。。。

シンプルイズベスト?

今度は「SACキャピタル」や「ゴールドマンサックス」のアドバイザーも務めた大物、トム・デマークの言葉の引用です。

 最適化モデルとか人工知能とか、高等数学を使ってなんでもやれる連中を雇いました。17人のプログラマーを使って4~5年検証した結果、分かったことは、基本的な4~5種類のシステムの成績が1番だということでした。

「マーケットの魔術師 システムトレーダー編」 より

トム・デマークはシステムトレーダーですが、
最初にふれた裁量トレーダーの人たちと似たようなことを言っています。

私を含めほとんどの人は高度な計算や設備を使うことができませんし、
手持ちの武器で相場観を磨いた方がいいのでしょうね。

他にも共通点はあるのですが、それはまた追々書きたいと思います。

catch-snakeFX

一昨日から10月31日まで「SnakeFX」が再販されています。

8月にいったん販売停止となった自動売買EAですね。

販売直後はかなりの成績だったものの、
ここ最近はあまり噛み合っていないようです。

>>フォワードテスト成績

それでもまだプラス圏内ですが、
検証期間も短いのでまだ何とも評価できません。

(バックテストのデータにも制約がありますしね)

ユニークなEAですし「結果を見ていて下さい!」と自信満々なので期待したい所ですが、
とりあえず今のところは様子見が無難ですかね。

9月10月と月末に1週間ほど再販されていて、
作者いわく「これからも、当然運用を止めたりする気もありません。」
とのことなので、来月以降も再販はあるはず。(なかったらごめんなさい)

↑のフォワード結果は随時更新されていきますので、
そちらを見守って、良さそうなら買ってみます。


SnakeFX
http://fx-tch.com/snake/top/

トレードに必要な要素は大きく分けて
[box_b]

  • 売買ルール
  • 資金管理
  • 心理

[/box_b]の3つがよく挙げられます。

売買ルール
そもそも勝てる売買ルールがなければ話になりません。

資金管理
売買ルールに優位性があっても無理なロットで取引すると破産してしまいます。

心理(メンタル)
負けた時の恐怖や、勝った時の強欲から無茶なトレードをやらかすかもしれません。

もちろん全部大事なことですが、
どれに重きをおくかは人それぞれだったりします。

「マーケットの魔術師」の考えは

『システムトレード基本と原則』という本の中で、
著者が15人の凄腕トレーダーにインタビューしています。

投資コンテスト「ロビンスカップ」で史上初の3連覇をした”アンドレア・アンガー”や、
“トム・デマーク”、”ラリー・ウィリアムズ”、”マーク・D・クック”など
一度は本で読んだことがあるそうそうたるメンバーです。

裁量トレーダーもいればシステムトレーダーもいるし、
個人トレーダーもいればファンドマネージャーもいるし、
投資対象も先物・オプション・株式・為替と様々ですが、
トレーダーとして必要な素養に違いはないようです。

さて、著者が彼らに
「読者にアドバイスを下さい。彼らはどこに焦点をあてるべきでしょう?」
と聞いたところ
[box_b]
「資金管理」 ・・・ 2人
「売買ルール」 ・・・ 7人
「心理」 ・・・ 6人
[/box_b]という答えが返って来たようです。→(画像)
「資金管理」という人が少ないのは、なんか意外ですね。

日本人の書いた書籍や情報商材だと、
「心理(メンタル)」が重要だという人が多い気がします。

あなたはどう思いますか?

catch-shushin

2,980円と安かったので衝動買いしてみました。

作者の滝上雅貴さん、有名な方のようなんですが、恥ずかしながら知りませんでした。
山根亜希子さんと一緒にセミナーやったりしてるみたいですね。

それはいいとして。

この商材、とにかくカンタンということを大連呼しています。
販売ページを見ると

こんな簡単な方法。FXで楽なコピペ手法。
形を覚えてその形の時に取引するだけ!

ノリが軽すぎて逆に気になってきます。
(コピペってなんだ・・・)

さて内容を見ていきましょう。
教材本編は全部で40ページです。

前半は準備の説明で、

「証券会社はココ!」
「スマホなら機種コレ!」
「証拠金は◯万円用意!」
「通貨ペアはコレとコレとコレ!」

「全部この通りにやること!!」

と相当指示が細かいです。
まあこれはその通りにするだけです。

後半はトレード手法の具体的な内容と、
あとはチャート形成過程のトレーダー心理の話なんかもあります。

手法は、

  • EMA
  • ボリンジャーバンド
  • フォーメーション分析

を使って、
相場の転換点(トレンド相場→レンジ相場)を捉えようというもの。

リアルタイムでは見てなかったので後付けになるんですが、
つい先程【ポンド円】でこの形が出ていました。
終身雇用FX
(クリックで拡大)

ただ、これそんなに言うほど簡単か?・・・
慣れてないと出来ないと思うのだけど・・・

と感じます。
(少なくとも「はらみ足が出たら」というレベルではない)

私はよく商材の手法をEA化してバックテストかけたりするんですが、
今回はちょっと出来なさそうです。
(チャートパターンをプログラムに落とし込むのが大変なので)

理屈としては「なるほど」ですけど、実際に優位性あるのかは、
もっともっと検証していかないと何とも言えません。

ラリー・ウィリアムズ
私はまだ貰ってないんですが、10月31日までは
特典でラリー・ウィリアムズのレポートがもらえます。
むしろこっちの方が欲しかったかもしれない(笑


終身雇用FX
http://www.nihontoushi.info/takigami-fx/kougi/info/index.html