catch_tmt

鉄板マスタートレンド(TMT)の11/12~11/16の検証結果です。
今週は+20.4Pipsとなりました。

最後に急落があって20Pipsほど損切りが出た(ストップにかかった)のですが、
前半の緩やかな上昇トレンドをコツコツ拾っていたので、
トータルでは十分な結果となっています。

【11月12日】-10.4Pips
【11月13日】+5.3Pips
【11月14日】+25.4Pips
【11月15日】+17.1Pips
【11月16日】-17.0Pips

11/15のチャート
TMT2012年11月15日
(クリックで拡大)

決済ロジックについてですが、
このサイトで載せているのはTMTの基本ロジックのみで決済した結果です。

サブロジックとして、
『TMTボリンジャーバンド(上下にある細い線)のタッチで手仕舞う』
という方法もあります。

その場合、11/15の2回目のトレードでは40Pips以上のプラスなっていました。

このサイトでは今後も基本ロジックでの検証を続けていきますが、
どの方法で決済するかは自由なので(テキストの中でもそう書かれています)、
チャート画像を参考に色々とシュミレーションしてみて下さいね。


鉄板マスタートレンド(特典付き)
http://tmt.fxism.jp/

catch-why-not-ea

「裁量トレードをEAにしようと考えるのはよくない
それなら最初から自動売買EAを検討したほうが良い」

ということを書きました。

裁量トレードで勝ってる人の手法をEAにしたら無敵なんじゃない!?

で、その記事に頂いたコメントをみると、あんま伝わってないな・・・と思ったのですが、
この話はインジケーターでも同じです。

実は、

  • インジケーター(あるいは売買ルール)を作る
  • インジケーターに従って自動売買させる

この二つは、技術的にはそこまで大差はなかったりします。
(ゼロから自動売買EAを作るのはかなり大変です)

私はインジケーター系の商材をレビューする際に、よくEA化してバックテストにかけていますが、あれもプログラミングの出来てFXの知識がある人なら、そんなに難しいことじゃないんです。

かんたんに出来るなら、何でEAで販売しないのか?というと、

「自動売買にしたら勝てないから」 とか
「EAにする自信がないから」 とか

ドヤ顔でいう人がたまにいますが、そういう話ではありません。

インジケーター・売買ルールが

「これまでにどんな成績を残しているか」
「実践してみた結果はどうなのか」

なんて手作業でも検証できるわけですから、自動化うんぬんは関係なくて、
まったくトンチンカンなツッコミなんです。

そんな事よりも、
どんな高性能なものでもインジケーターはトレードの補助でしかない
ということの方がいくぶん重要だと思います。

「このサインに従うだけで勝てます!」 とうたってるんだったら、
「じゃあEAにしろよ・・・」 って話なんですが、

そういう商材は知る限りはありません。
(クソ商材には山ほどありますが・・・)

どの商材も「サインが出ればエントリーのチャンスです!」 って言ってるだけです。
つまり「最終的には自分で裁量判断を入れてトレードしてね」 ということ。

インジケーターが拾ったサインを取捨選択してトレードするのが正しい使い方ですし、
インジケーターもそういう設計(条件をキビしくし過ぎない)になっています。

EAにしても勝てているインジケーターはあります。

例えば「TMT」なんかは、ただサインに従って売買するだけで大幅なプラスです。
(載せている検証結果は機械的にトレードした場合の結果なので、時間があれば読んでみて下さい)

でも、TMTのサインを取捨選択して、裁量でトレードした方が全然いい結果が出ます。

要するに、「EA化=劣化」なんです。

販売者からしてみれば、
EAにしようと思えば出来るものを、わざわざインジケーターの形で販売してるので、
それを無理やりEAにするのは、商品ぶち壊しなわけです。

だから特典を作成する場合も、
サインが出た時にアラートメールを送信するまでで、
EAにしてお渡しするまではしていません。

うまく使いこなすためのツールなら、どんどん作って配りますが、
変にラクしようとしてパフォーマンスを損ねるようなことはしたくないですからね。

それに負けた時にやりきれません。

元から自動売買のEAを使って負けたんだったら、
そのEAが悪いって評価で間違いないです。

でも元々は自動売買のEAじゃないのに無理やりEAにして負けたって、
「知らんがな・・・」って話になってきます(笑)

というわけで、
自動化させてほったらかしで儲けたい、という気持ちはよく分かるのですが、
だったらそれ用に設計されたEAを検討するのが絶対いいです。

EAの販売だと「fx-on.com」あたりが大手ですが、バックテストもフォワードテストもデータが公開されてますので、見てるだけでも結構楽しいです。


PS.
「マナブ式」購入してみました。
使ってみて、近々レビューしたいと思います。

catch-forexmatrix

いまMaestroFXの特典として通貨マトリクス分析法のツールをお付けしています。

通貨マトリックス分析法は、複数の通貨ペアの強弱をみていって、
全体の中で「一番強い通貨」「一番弱い通貨」の組み合わせをみつけます。

ちょうど、昨日買った「FX攻略.com」の12月号にこれに関する記事がありました。
図が分かりやすいので引用します。(61ページ)

FX攻略.com12月号

「リーグ戦」をするような感じですね。

このマトリクス分析は単純なんですが、やってみると結構めんどくさいです。
なので、これを1クリックでできるツールを作りました。

通貨の強弱を見るのには移動平均線を使います。

例えば、ドル円の移動平均線が上向きなら、【ドル:+1ポイント、円:-1ポイント】といった要領ですべての通貨ペアを計算していきます。

ツールを起動するとこんな感じでメッセージを表示します。

通貨マトリクス分析法

このケースでは「ドルが最強、円が最弱」です。
だから「ドル円のロング」がいいだろうという戦略が立てられます。

時間足と、何本平均の移動平均線にするかはパラメーターで変更可能ですので、
好みに合わせて使って下さい。

このツールを全ての商品の特典としてお付けします。
もちろん3,000円の商材でもOKですよ(笑)

後で各ページに追加しておきます。

[box_h]MaestroFXでは移動平均線ではなく別のテクニカルを使ってるので、MaestroFXの特典につけているものと厳密には同じものではないですが、基本的な考え方は同じです。[/box_h]

特典

catch-muteki


「継続的に勝っている裁量トレーダーがいて、その人の書いた教材があるなら、
 その内容を元にEAにして自動売買させれば超儲かっちゃうんじゃ・・・」

FXのことを勉強していると、こんな考えに至ったことはないでしょうか。
私は思いましたし、多少プログラミングの素養があるので、実際にやろうともしました。

でもそんなこと出来ないんです。

身も蓋もない言い方をすると「できるなら販売者がとっくにやってますよ」ですが、
なぜ出来ないかをちょっと書いてみます。

最近コメントの返信でも書いたんですが、

もし裁量トレードをEAに落としこむとすると、
[bullet_box]

  1. あらゆる相場と思考パターンを言語化して
  2. それをテクニカルに置き換えて
  3. プログラムを作る

[/bullet_box]
ざっくりとこのステップが必要です。

でも大方、最初のステップで頓挫すると思います。。。

車の運転を自動化できるか?

トレードと同じく、裁量でするものとして「車の運転」があります。
こっちの方が身近で考えやすいと思うので、ちょっと考えてみて下さい。

Q : あなたの車の運転方法を言葉で説明してください

これ、出来るでしょうか?

「こういう時は、こういう判断をして、こういう行動をする」という感じで、
それが技術的に実現可能かどうかまでは考えなくてもOKです。

例えば
[bullet_box]

  • 車間距離は何mを維持して
  • 横断歩道の何m前から何km減速して
  • この交差点は何度でハンドルを切って

[/bullet_box]
こういうことを全て書き出せるかということです。

全ての交通情報データをリアルタイムに取り込んで演算すれば、
事故も起こさずにパーフェクトな運転ができる!

・・・ような気がしますが、
残念ながらそうはいきません。

上の問題は「あなたの運転」で、

運転の仕方は人それぞれ違うし、
同じ人でも状況によって変わってくるからです。
[bullet_box]

  • 「今日は女の子にイイとこ見せたいから飛ばすぜー」
  • 「ネズミ捕りありそうだから法定速度にしとこっか」
  • 「追い越したいけど前の車がヤ○ザっぽいからやめとこ・・・」

[/bullet_box]
ということもあるわけで(笑)
それらを全部書き出すのは、現実的に無理があります。

でも「言語化する」というのはそういうことです。

さらに、トレードの場合はそれをテクニカルに落とし込まないといけません。

「長い上ヒゲが出たら」
という条件1つとってみても、

「長いってどの位?全体の何%?」
と決めないとルールにならないです。

気絶しそうです。

ラクしたいなら自動売買にいきましょう

これでEA化がかなりしんどいことは分かってもらえると思うのですが、

そもそもの話として、、、
裁量教材はトレードを上手くするためのものです。

それをEA化しようというのは、

『計算ドリル買ったけど、計算するのめんどくさいから電卓つかお(^ω^)』

と言っているようなもので、
何のために教材を買ったのか分からなくなってしまいます。

ただ、ショートカットのために補助的なツールを使うのはアリだと思います。
私がMaestroFXの特典として作成したマトリックス通貨分析法のツールはその例です。

ラクにトレードをしたかったり、
裁量トレードに取り組む時間がない人は
自動売買EAがいいと思います。

裁量トレードをする人は「自動売買は危ない、ダメだ」と言うことが多いんですけど、
私はそんなことはないと思っています。

自動売買でしか出来ない手法もありますからね。

自動売買それ自体がいい悪いではなくて
「どのEAを選ぶか」「どう運用するか」という使う側の問題です。

このサイトでは今のところEAの紹介はほとんどしていませんが、
近いうちに紹介できればと考えています。

ありとあらゆるEAを比較できるようにする予定ですので、
自動売買に興味のあるかたはお楽しみに^^

気持ちが入って長くなってしまいましたが、、、まとめると

「裁量教材のEA化は無理なので、自動売買EAを検討したほうがいい」

ということでした。

ではでは!

catch-zencopi

先月末に申し込んだ「全コピFX」に動きがありました。

申し込んでから1週間ほど何も全然ポジションを取らなかったので、
「おいおい大丈夫か~?」と思ってたのですが、

全てユーロドルのロングで、4回トレードがありました。
(現在はノーポジです)

全コピFX 2012年11月8日

初期資金5,000ドルの口座なので、約2.1%の増加です。

手法が教材として提供されるわけではないため詳細なロジックは不明ですが、
プラスになっているトレードではピンポイントで底を掴んでいます。

逆に損切りはかなり小さいですね。

「全コピFX」は自動売買EAやインジケーターでないため、
バックテスト・フォワードテストという言葉もしっくりこず、

『このFX全力男というトレーダーが勝てる人なのか?』
『この人に任せてしまっても良いものか?』

という問題です。

ガラス張りの中、しかも(間接的にですが)他人のお金も動かしてのトレードするのは
とてつもないプレッシャーだと思いますが、FX全力男さんには頑張って頂きたいです。

また動きがあったら書いていきますね。


全コピFX
http://assets-book.com/fullcp/1st/