catch-homing3

今日は事務所に私しかいないというトレードに絶好の日だったので、
アドバンスド・ホーミングFXの手法で裁量トレードをしてみました。

チャートを開くと、ユーロ円がちょうど大きめの下落からの反発局面でしたので、
少し待って7つ手法のうちの「手法2」でエントリーしました。

アドバンスド・ホーミングFX 実践1-1

(チャートはクリック証券のツールです。グレーの▲が決済済みのトレードです)

ドル円でも同じようにトレードしたのですが、こちらは底堅くてなかなか利益にならず。
ユーロ円は結果的に良い位置で利食いできていました。

アドバンスド・ホーミングFX 実践1-2

と、ここで終わればよかったのですが、
帰ってからもガシガシと取引してしてしまい、なんとも微妙な結果となりました。

急騰・急落を見ると反射的に飛びつくクセがあります^^;

アドバンスド・ホーミングFX 実践1-3

↑の蛇足トレードは置いておくとして、、、

アドバンスド・ホーミングFXは”順張り”も”逆張り”も相場つきに応じて使い分けていきます。

もちろんその分臨機応変な判断が求められてきますが、

  • レンジ相場の手法
  • トレンド相場の手法
  • 転換期の手法

と分かれていますので、
慣れないうちはどれか1つに絞ってトレードするのがいいですね。

それぞれの手法は「長期がレンジで短期がトレンドの時には、ここでエントリーで、決済の目安にするテクニカルはこれ」といった感じでトレードの計画が立てやすいです。

今日やった「手法2」は手堅い手法です。

明日も時間があれば少しやってみたいと思います。

アドバンスド・ホーミングFX(特典付き)
http://homing-fx.com/ahfx7

catch-summertime

11/4(日)で夏時間が終わって
11/5(月)から冬時間(標準時間)になります。

多くの業者ではMT4のサーバ時間が「GMT+3」から「GMT+2」に変わります。

それに伴って、当ブログでも紹介した

『JPN_Time_SubZero』とか
『Time Zones』

を使っている場合はパラメーターの変更が必要です。

自動売買EAでもGMTのパラメーターを持っているものもあるので、
念のため販売者に確認してみてくださいね。

また明日は雇用統計なので、
自動売買EAを動かしている人はその前後はいったん止めておくのが無難かと思います。

バッチリはまると大きく穫れるところでもありますが、
ナンピンで爆死したEAも数知れずですので。。。

PS
読者の方とメールでやり取りしていると、インジケーターの設置の仕方が分からなかったり、トレード用語が分からなかったりする方も少なくないようですので、いま初心者向けコンテンツを作成中です。