catch-homing6

前回から少し時間が開きましたが、アドバンスドホーミングFXの実践記です。

帰ってきてチャートを見たらエントリーできそうな形になってましたので、
レンジ相場用の手法を使って、ドル円をトレードしました。

アドバンスド・ホーミングFX 実践5-1
(クリックで拡大)

「アドバンスド・ホーミングFX実践記その5」の続きを読む…

catch-baika

FXで稼ぎまくって脱税で逮捕された池辺雪子さんの新教材です。

『倍加テク』という名前をつけてありますが、、、要は

”フィボナッチ200%で決済するレンジブレイク”

ということですね。


(販売ページより)

レンジブレイク自体はメジャーな方法ですし、優位性はあると思います。
一般にレンジの滞在時間が長ければ長いほど、抜けた時には爆発力があります。

ただ、問題はダマシの見分け方。

チャートがレンジの上限or下限に触れた時、
そのまま突き抜けるか、それとも跳ね返されるのか分かれば、
どこで利食いしようが笑いが止まらないほど儲かります。

販売ページによると

・レンジブレイクのだましが分かる!ローソク足の見方・使い方
・たった2つの条件でトレンドブレイクを見抜く!倍加法の奥義とは

とこの部分がキモになって来るのですが、、、
これ以上の情報は書いてありません。

結局、ブレイクアウト手法の優位性は、
ダマシをどうやって見分けるかの1点に尽きます。

これまで様々なアイデアを見てきましたが、
高精度で見分ける方法というのはありませんでした。

脱税で逮捕されてるので、FXで稼いだのはこれ以上ない信ぴょう性がありますが(笑)、
この商材の優位性はちょっと未知数です。

購入された方がいましたら感想いただけると嬉しいです。

販売情報

販売ページ:http://yukikov.jp/baikaho/
価格:29,800円
販売者:株式会社Y&S

catch-bo

当サイトではバイナリーオプションの商材は紹介していないのですが、
実際どうなの?というところに少し触れてみたいと思います。

バイナリーオプションの攻略法?としては

1.レートを予想するタイプ
2.システムを利用するタイプ

の2つがあるようです。

1.レートを予想するタイプ

テクニカル指標などを使ってレートを予想するものなんですが、

「だったらFXでいいじゃん」

というのが正直なところです。

バイナリーオプションは仕組み上、FXに比べて不利(コストが大きい)なので
為替レートを予想するんだったら、ダイレクトにFXをした方がいいと思うのです。

シンプルで直感的に分かりやすいのですが、
複雑なものをシンプルにするためのコストは、私たちが負担しています。
(この辺りの話は、時間があれば詳しくしたいと思います)

半丁博打だ、ギャンブルだ、危険だ、ということではなく、
単純に「分が悪い」ということですね。

2.システムを利用するタイプ

こちらは、バイナリーオプションを提供している業者のシステムに
歪みが生じるポイントがあって、そこを突くやり方です。

FXであれバイナリーオプションであれ、
為替レートの動きがランダムだとするとトレードの期待値はマイナスです。

トレードするためのコスト(手数料やスプレッド)があるからですね。

もちろん、ランダムに見える値動きの中に法則性を見出して
優位性をもつことがトレーダーの仕事なわけですが、

それとは別に、システム的にこの期待値がプラスになることがあるそうで
そこを狙い撃ちしてトレードすることで、回数を重ねれば儲かる!というわけです。

一種のアービトラージですね。

ですが当然…
業者も馬鹿ではありませんので、対策されます。

実際に開発しているプログラマーに少し話を聞いたのですが、
開発しては対策され、、、のイタチごっこのようですよ。

期限付きでも儲かればええんやーという考えであれば、
それはそれでいいと思います。

というわけで、

いずれにしてもバイナリーオプションに関しては
仕組み的にも、商材の内容的にも(いくつか入手しましたが)、
あまりオススメできるものは無さそうなので、今後も紹介しない方針です。

catch-manabu

マナブ式FX完全マスタープログラムのメインであるTHVシステムでは
計算されるバーの本数に制限があって、過去3日分くらいしか検証ができません。

THVシステムをもう少し遡って検証したいとき1

メインインジケーターであるTrixの表示が、このように潰れてしまいます。

THVシステムをもう少し遡って検証したいとき2

いくら高機能なインジケーターであっても、
3日では正直話になりませんし、常にリアルタイムで動作を検証するのも効率が悪いですね。

計算されるバーの本数は、パラメーターで指定ができます。

Max_Trix_Bars_Back
Max_Divergence_Back

の2つの値を増やします。

THVシステムをもう少し遡って検証したいとき3

今回はそれぞれ2倍にしてみます。

THVシステムをもう少し遡って検証したいとき4

これで先ほど潰れていた期間もTrixが表示されます。

THVシステムをもう少し遡って検証したいとき5

ただしあまり大きくしすぎるとMT4が固まってしまいますので、
パソコンのスペックと相談しながら調整していってくださいね。

catch-fxb

裁量トレード教材の「FXB-Manual」を徹底レビューしていきます。

  1. 作者のFXB氏について
  2. FXB-Manualの商品内容
  3. 具体的な手法
  4. 非常識な勝率を出せる理由
  5. 初心者でもOK?
  6. こんな方にはオススメ
  7. 私のFXB-Manual実践記
  8. 当サイトからの特典

作者のFXB氏について

トレード歴は10年以上の個人投資家。

最初は米国株のデイトレードから入って、
金先物・原油先物・為替先物・米国債などもトレードしていたそうです。

もはやディーラーですね^^;

そして「流動性が高いから」いうことで、本格的にFXに移行したそうです。

これまでFXで稼いだ総額は5億円、
一番多い年では1億円のプラスを出したそうです。

いやースゴイ・・・

FXB-Manualの商品内容

商品はPDFと動画で、会員専用ページからダウンロードできるようになっています。

(会員ページ)
「FXB-Manual」会員ページ1「FXB-Manual」会員ページ2

動画ではPDFマニュアルの補足とに加えて

「なぜここでエントリーしたのか?」
「なぜここは見送りと判断したのか?」

という実際のチャートを使っての解説がされています。

コンテンツは定期的に追加されているようです。
「FXB-Manual」会員ページ3

具体的な手法

エントリーポイントは以下の4種類
[bullet_box]

  • ラインブレイク
  • ダブルトップ
  • ダブルボトム
  • グランビル第二法則

[/bullet_box]
このうち、メイン(7~8割)となる手法は「ラインブレイク」です。

かなりシンプルな手法で、
使うのは3本の移動平均線とサポレジだけです。

ボリンジャーバンドも使いませんし、
オシレーター系指標も1つも表示させません。

私の知る限り一番シンプルかもしれません。

エントリーまでは次の3ステップを踏みます。

1.複数の時間軸(マルチタイムフレーム)で相場の状態を把握して、
2.サポート・レジスタンスとなりうるラインを探り、
3.ラインをブレイクすればエントリー

大きなキモが2つ、「FXB-Manual」にはありますが、
1つがこのライン(水平線)の引き方です。

ラインブレイクはおそらく最もメジャーな手法ですが、
「勝てる人」「負ける人」がいるのはラインの引き方が違うのが一つの理由です。

例えば一言で「直近の高値をブレイクしたら買い」といっても、
「直近」の捉え方は人それぞれ違います。

1時間かもしれませんし、
1日かもしれませんし、
1週間かもれません。

ヒゲだけ抜けてもブレイクアウトしたと考えるのか?
それともヒゲは無視するのか?でも違ってきます。

「FXB-Manual」の手法では、
明確な2つのルールでラインを引きます。
(ちなみにトレンドラインは引きません)

非常識な勝率を出せる理由

販売ページにこんな記載があります。

リミット:ストップ=60pip:10pip
勝率50%超の秘訣を完全公開

「勝率50%なんて大したことない」と感じるかもしれませんが、
これはとんでもない数字だったりします。

経験のある人は痛いほどご存知だと思いますが、、、

ブレイクアウトは勝った時の利益は大きくても、勝率は非常に低いです。
普通は50%なんて余裕で切ります。

計算上「利食い6:損切り1」のトレードは勝率15%以上でプラスになります。
(1トレードするごとに平均して0.5pipsプラスになる)

「FXB-Manual」期待値計算1

これが勝率50%以上になると、、、
1トレードするごとに平均して25pipsプラスになります。

「FXB-Manual」期待値計算2

通常では信じられない勝率ですが、この秘訣は
第6章の「だまし回避法」にあります。これが2つめのキモです。

「FXB-Manual」だまし回避法
(マニュアル55ページ~)

「だまし」というのは、
ブレイクアウトしたけどすぐに逆方向に戻ってくることで、
ブレイクアウト手法の負けの大半は「だましでエントリーしての損切り」です。

「FXB-Manual」では
ラインをブレイクすれば何でもエントリーするわけではありません。

このだましを回避するロジックでエントリーの精度を高めます。

初心者でもOK?

正直にいいます!

「FXB-Manual」は初心者向けではありません。

入門書を読んで、口座開いて、さあ今から始めるぞ~!
という段階の方にはおそらく難しいと思います。

というのは、
マニュアルには基礎的なコンテンツはありません。
トレードの経験がある方向けに書かれていると思います。

基礎知識はすっ飛ばしていきなり核心にせまっていくので、
経験者にとってはその方がよかったりするのですが、
初心者にとっては正直付いていくのはキツイはずです。

上で書いたように手法はシンプルなのですが、
「シンプル=かんたん」というわけではありませんからね。

この教材が1から10まで教えてくれるわけではないので、
足りない知識は初心者用の教材や一般書籍などで自分で補っていく必要があります。

でもそこまでの意欲があれば、
初心者からでも十分身に付けることは出来ると思います。

こんな方にはオススメです

[bullet_box]

  • 本業があってあまり時間が取れない
  • 多くのテクニカルを使う手法がしっくりこない
  • トレードの実力をつけたい

[/bullet_box]
スキャルピングではなく特定のパターンを狙い撃ちするスタイルなので、
あまり頻繁に相場を見れない方でも取り組めます。

逆にこんな方にはオススメできません。
[bullet_box]

  • スキャルピングでどんな相場も攻めたい
  • すでに確立した自分の手法がある
  • ラクして資金を増やしたい

[/bullet_box]
あくまで裁量教材で、インジケーターがあるわけでもないので、
サインに従うだけ、EAをセットするだけで勝ちたいという方には向きません。

裁量トレードの力をつけて、自分のウデで勝ちたい人向けの教材です。

また今裁量トレードで満足に勝てている場合は、
別の手法を新たに取り入れることも無いと思います。

器用な方であればいいのですが、
自分のトレードがブレてしまうことも考えられますので^^;

私のFXB-Manual実践記

現在進行形でFXB-Manualの手法を実践中です。

FXB-Manual実践記(サイト内リンク)

手法の性質上、頻繁にトレードするわけではありませんが、
チャンスがあればトレードしています。

チャート画像付きで損益も公開していますのでぜひぜひご覧ください。

当サイトからの特典

「FXB-Manual」は優れた裁量トレード教材だと思いますので、
当サイトからの特典をお付けします。

この他にも監視をラクにするツールを作って配布する予定ですのでお楽しみに!

[tokuten head="特典1.通貨マトリックス分析ツール(ベーシック版)"]
教材内ではドルストレート通過が推奨されていますが、普遍的な手法なので、慣れてくれば他の通貨ペアも考慮してチャンスを広げてもいいでしょう。

その際、トレンドの出やすい通貨を判断するためのツールです。

1クリックで通貨の強弱が一覧で表示されますので、
「一番強い通貨」と「一番弱い通貨」のペアがトレンドが出やすいというわけです。

通貨マトリクス分析法

ツールはMT4上で動作します。
[/tokuten]
[tokuten head="特典2.破産確率シュミレーター"]

FXB-Manualの資金管理は、通常よりかなり保守的になっています。

もちろん最初はその通りにしていただきたいのですが、トレードが見についてきた段階で、もう少しリスクを取りたくなる局面が出てくるはずです。

そこで、

・どの位の勝率、リスクリワードの手法で
・どの位のロットで取引すれば
・何%の確率で破産するか、あるいは安全か

を計算するシミュレーターをお付けします。

破産確率シュミレーター

FXB-Manualの守りがどれだけ堅いかも分かると思います。

エクセルのマクロで動作します。
[/tokuten]

特典つきで購入する方法

下のリンクから販売ページに移動します。決済画面で以下の表示があればOKです。
決済後にマイページより、特典ファイルをダウンロードして下さい。

特典付き購入方法

※この表示がなければ特典のお渡しができませんのでご注意下さいね。