catch_homingFX

以前書いた実践記事にコメントをいただきました。

今回は惜しくも損切りになってしまい心中お察ししますが、そのようなギリギリのラインを設定していたということは、逆の見方をすれば、直近の天井や底が見えていたということではありませんか?

過去の実践トレードを見ても、ピンポイントで、それこそ下ヒゲの端っこで利食いを入れている妙手が多いように感じました。

この利食いと損切りの塩梅は、こちらの教材内で指導されるのでしょうか??

(一部抜粋)

「アドバンスドホーミングFXはチャートの天底を読める?」の続きを読む…