裁量トレードの練習をするならForexTester2でもMetaTrader4でもなくやっぱりリアル相場でしょう!

裁量トレードの練習ってどうやってますか?

過去のチャートを遡って眺めてみたり、
MetaTrader4やForexTester2などのチャートソフトでシュミレーションしたり、
リアル相場をデモ口座でトレードしたり、
いきなり実践から入ってみたりと

やり方はいろいろあると思います。


 

MT4のビジュアルモードで

馴染みがあるのだとMT4ですよね。

バックテストをビジュアルモードで稼働させれば
指定期間のチャートがほぼ再現できます。

でも実はMT4のバックテスト機能では
複数の時間足を同時に見ることはできません。

本来EAを評価するための機能なので、
裁量トレードの練習には全く向いてなかったりします。

※複数の時間足を表示させるテクニックもあるにはあるのですが、
上級者向けで、なおかつ操作性も悪いです。

 

ForexTester2は最強の練習ツール?

そこで裁量トレーダーの間でよく使われるのが
ForexTester2です。

MT4を開発した会社が作ったソフトなんですが、
こちらは裁量トレード向けのツールになっていて、
複数時間足の表示もできますし、発注機能も備わっています。

こりゃいいわ~と一時期は使っていましたが
やはりこれも僕にとってはキラーツールとはなりませんでした。

今は過去データを持ってくる時に使うくらいで
裁量トレードの練習には使っていません。

 

過去チャートで再現できないもの

じゃあ何が物足りなかったのか?これは

『チャートの形は再現できても相場の再現はできない』

ということなんです。

 
FXにおいて一番大事なのはチャートだと思いますが、
チャートだけ眺めていればいいってものでもないですよね。

とはいってもファンダも重視しないといけないのかというと
そんなこともなくて、僕が意識してるのは

相場のテーマ

です。

為替市場の参加者が共通して意識していることは?
ということをよく考えています。

今現在のテーマは何かというと・・・

『ドル円100円割っちゃうの???』

だと思います。
(ふざけてないですよ)

なので僕は今はドル円のショートでポジション持ってます。

 
ドル円の話でいうと、今年は日経平均の動きも大事ですよね。

 
ちょっと話がそれましたが、
そういう理由からリアル相場で検証するのが一番だと思います。

早送りできないんで一見効率は悪い気もしますが、
その密度たるやシミュレーションの比ではありません。

デモトレードでも構わないと思いますが、
少額でもいいので出来れば自分のお金を投入して。

身銭を切っていると身の入り方が違います。

 

追記

ドル円100円割ってきましたね。

20130603
※水色の三角がエントリーしたところです。

完全に下落トレンドに入ってるので、まだ伸ばしたいです。

100円を割ったことで
「うおぉぉぉ割れたーーー」
って加熱していってる感じがしませんか?

次のテーマは

「100円割れは確定?維持できるか?」

って感じでしょうか。

いやいやそりゃ~妄想だろうと思われるかもしれませんが、
自分なりに仮設を立てるのが大事なんです^^

 

コメントを残す