こいつは本物かパチ物?販売者を見抜くあるポイント

裁量トレードの教材に関しては、そのほとんどが

凄腕トレーダーの手法を教材にしました!

というコンセプトです。
見せ方の違いこそあれ、まずはそのトレーダーありきです。

”トレーダーFX-Jinの”恋スキャFX
”トレーダー佐野裕の”MaestroFX
”トレーダー千草明の”アドバンスドホーミングFX
”トレーダーFXBの”FXB-Manual

って感じですね。

なので絶対に見ないといけないのは、そのトレーダーが本物かどうかです。

ドヤ顔で理論を説明してるけど当のお前はバーチャじゃねーか

ということは本当に本当によくあります。
名前が今にも喉から出てきそうですが自粛します。

ライブ感

これが重要です。

・対面で質問に答えることが出来るか
・この先の相場の見通しを語れるか

過去の説明は準備すれば誰にだってできますが、
現在〜未来のことは力がないと語れません。
力のない人がやるとそれが露呈するという恐ろしいことが起きます。

 
会社のプレゼンと同じです。
本編は時間かけて準備すればそれなりに出来るものです。

でもそれにツッコミ入れられて良い返しができなかったら
「ダメじゃんこの案件・・・」ってなりますよね。

 
上の教材でいうと、

FXB-Manualの購入者が参加できた「この場でチャートの見方を教えます」という趣旨のセミナーがありました。

アドバンスドホーミングFXの千草明さんはブログで相場の見通しを立てています。こちらは無料で誰でも見られます。

 
実際どうなるかわからないことを語るのはリスクしかない行動です。怖いと思います。だからそれが出来るというのは結構すごいことだったりします。

裁量トレード教材を検討するときは、ぜひライブ感に注目してみてください。

 
PS;

FXと全然関係ないのですが、パチンコのプロ?の人で
「どの店のどの台でもいい、指定してみろ。そこで出してやる。」って人がいたらしいです。そして本当に出して見せたらしい。理屈は不明ですw

でもこれはFXでは無理ですね。そんなこと出来るわけがないです。
だから相場を当てられるかじゃなく語れるかです。

外しまくってるようでは話になりませんが・・・

 

コメントを残す