バイナリーオプション(特に60セカンズ)が難しいわけ

バイナリーオプションの特に60セカンズは、難しい、ギャンブルだ、丁半博打だと言ってきてますが、その最大の理由は制限時間です。

かなり大雑把に言ってしまうと、
FXは上か下どっちに動くかを予想するゲームです。

ポジションをとって決済注文を出しておけば、あとは相場に身を委ねるのみ。
注文にかかるまで待っておけばいいわけです。

ところがバイナリーオプションは
上か下どっちに動くかに加えて、そのタイミングまで予想しないといけません。

60セカンズだとピッタリ60秒後の予想。
59秒後でも61秒後でもダメなのです。

これはとんでもなく難しいことです。

「次のティック」がどちらに振れるか

これだとみんなわからない、ギャンブルだっていうと思います。

「3秒後」はどちらでしょうか

これも当てられる気はしないでしょう。

では「10秒後」は?

ちょっとマシな気もしますが、やっぱりギャンブルだと思います。
ゲームとしては楽しそうではありますが、お金は掛けたくありません。

それなら「1時間後」は?

これならスキャルピングorデイトレードの手法で
太刀打ちできそうと感じるでしょう。

「時間足は短くなるほどノイズは多くなる」
これは裁量トレーダーの共通認識と言ってもいいと思います。

デイトレードで勝っている人でも、
「1分足は全然わからない」という人はたくさんいます。

「60秒後ならいけるかも」ってギリギリのラインを狙ったのがこの商品ですね。

もう一つ。ペイアウトの悪さです。

60セカンズを採用してるのは海外の業者で、ペイアウト率は大体70%程度です。
(エントリーした時点で、平均すると30%が業者に持っていかれる)

これを±0に持っていくのに必要な勝率は59%です。
分の悪い勝負と言わざるを得ません。

FXの場合は、何Pipsを目標にトレードするかで変わってくるので
一概に何%とは言えませんが、普通は9割以上はあるでしょう。

※70%って、競馬よりも悪いですよ。

安定して60%以上を勝率を出すシステムも存在するのかもしれません。
その可能性は否定しませんし、ぜひ手に入れたいですが・・・今のところ見当たりません。

コメントを残す