catch-secretfxmethod

たまに出てくる裏ワザ系のノウハウ?です。

「手法」「ロジック」とは書いておらず、
「方法論」であって、使用中のEAとも併用できるんだそうです。

「Mutual Benefit」のような相関を利用したサヤ取りでもなさそうだし、
業者間アービトラージじゃないとはハッキリ言っているし、
その他の何らかのアービトラージ(裁定取引)でも無さそうです

なんだろう?と思って読んでたら・・・分かりました。

というか書いてありました。笑

secretfxmethod

当サイトでご提供する商品によって、提供先である運営元は以下にに提示するFX業者からのスプレッドキャッシュバックで報酬を得るビジネスモデルとなっております。

スプレッドのキャッシュバックですね。

キャッシュバックとは?

スプレッドのキャッシュバックの前に、IBの説明が必要です。

多くの海外のFX業者は、新規開拓を促進するために「IB(Introducing Broker)」という仕組みを取り入れています。

IBは、早い話がアフィリエイトです。

顧客の獲得を手伝ってくれた人に、FX業者がお礼として報酬を支払います。

その報酬の源泉はユーザーが支払ったスプレッド。
FX業者はスプレッドの一部をIB業者に広告費として還元しているのです。

そしてIB業者は受け取った報酬の使い道を自由に決められます。
IB業者としても、自分を経由して口座を開設&取引をしてくれると儲かるので、
FX業者から受け取った報酬を顧客獲得の費用に充てます。

それがキャッシュバックです。

言葉で書くとわかりにくいかもしれませんが、
要するにこういうことです。

キャッシュバックの仕組み
※数字は適当です。

関係する3者がみな特をするトリプルWINのビジネスモデすると言えますね。

まあ知らないユーザーが必要以上にボラれているということですが。。。

ともあれ、海外業者のスプレッドが広いのはこういう理由もあるわけです。

キャッシュバックを受けるには?

この仕組みを恩恵を受けるには
[box_b]
1.IB業者からキャッシュバックを受ける
2.自らIB業者になってビジネスを展開する
[/box_b]の2つのパターンが考えられます。

とはいっても2は少々ハードルが高いので、
現実的には1になるでしょう。

販売者がIB業者なのか、他のIB業者を利用するのかはわかりませんが、
とにかくIB業者を通じてキャッシュバックを受けます。

  • IB業者はどうやって探したらいいのか
  • どの証券会社が条件がいいのか

を調べるのが面倒だというのであれば、この商材を買ってみるのもいいでしょう。

ただ自分で調べることは十分可能です。
選択肢はそれほど多くありませんので。

現状、キャッシュバックの条件(上の図でいう③)が
最もいい業者は「FinalCashBack」だと思います。

>>FinalCashBack(公式サイト)

ここは最高リベート保証というものをしています。
(大手家電メーカーみたいですね)

他に有名なところでは「CashBackForex」という業者もあります。

>>CashBackForex(公式サイト)

取引が増えてくるとスプレッドも馬鹿になりません。
よく吟味して、より有利な条件で取引しましょう。

販売情報

販売ページ:http://secretfxmethod.com/manual/
価格:9,800円
販売者:野坂 公一

binaryboard

「サインが出るのでそれに従って各自エントリーして下さい」という
最近多いタイプのバイナリー商材です。

平均勝率63.34%と、それだけ見るとスゴイのですが・・・

バイナリー商材の必勝パターン?

バイナリーオプション商材の販売ページは、大体このパターンです。[box_b]1.バイナリーオプションの概要を説明する

2.バイナリーオプションがいかに優れた投資であるかを強調する

3.従来の商材・手法のデメリットを並び立てる

4.自分の商材はそのデメリットを克服した画期的な商材であることをアピール
[/box_b]
バイナリーオプションって仕組みがシンプルなため
手法どうこうよりも「勝率が何%出せるか」だけが問題となるので
こういう作りにならざるを得ないのかもしれませんね。

バイナリーボードに当てはめてみると・・・[box_b]1.今、注目を集める『最もシンプルな投資法』・・・

2.シンプル、短期決済、低リスク

3.これまでのバイナリー商材は、業界を大激震させた、国内業者のバイナリーオプションの自主規制で使い物にならなくなるでしょう。

4.しかし、規制の網を”合法的”に堂々とくぐり抜け、ごく一部の層のみがバイナリーオプションで勝ち続けることが可能だとしたら・・・

海外の業者を使えばいいのです!
[/box_b]ここまででページの半分を占めているのですが、
結局は「海外の業者の60セカンズを使います」という話です。

間違ったことはいっていませんけれど・・よくここまで引っ張ったなと。
今はむしろ海外の業者を使おうって商材の方が多いくらいですからね。

気になるバックテストの結果は

そんなことよりも、平均勝率63.34%の方がよっぽど重要です。

バックテスト及びフォワードテストを幾度も重ねて
”あるシステム”を開発させることに成功しました

とあるのですが、
肝心のバックテスト、フォワードテストの結果が載っていません。

販売者が自分で作った表はあるのですが・・・

バックテストはMT4でも十分出来ますし、

バイナリーボードで発生したシグナルは、履歴としてテキストボックスに残ります。
これを確認して今後のレート予測に役立てることも可能ですので、
自分のトレードの勝率向上などに活用もできます。
また、履歴をクリアすることもできます。

こう書いてありますから、
シグナルの結果の一覧を載せてくれるだけでいいかと。

フォワードテストについても同様です。

というわけで、
その実績を信じるに足る証拠が、現状何もありませんので、
購入は控えることをおすすめしておきます。

その辺りがアップデートされればまたお知らせします。

販売情報

販売ページ:http://binarypic.com/binaryboard/
価格:16,800円
販売者:ATrillion 立野岡 孝治

catch-t-master

逆張りのシグナル系インジケーター

「FXテクニカルマスター」はMT4のシグナルインジケーターです。

ロジックとしては急落後の反転狙いで、
画像を見る限りは急落後にローソク足と2本のMAのエントリーする感じでしょうか。


※販売ページより

実体ベースでMAを上抜いたら反転のサインとするという手法は、
私も裁量でよく使っています。

それでは詳しく見て行きましょう。

EAにすればいいのでは・・・

まず実績が「2012年10月16日~2012年10月30日」のみ
たったの2週間では何の判断にもならないです。

一応、MT4の取引明細がアップされていますが、
加工されていてデモ口座かリアル口座なのすらも不明。

これなら書かない方がまだマシなレベルです。

また「サインメールが来るから、何も考えずその通りに売買すればおk!」
ってノリなんですが、それなら何故EAにしないのでしょう。

メールを遅れるほどの明確なロジックならば、
EAにしてバックテストにかければ優位性は簡単に示すことができますし
myfxbookにフォワード結果を載せれば、いらぬツッコミを受けることもありません。

電話質問を受けていたり、投資顧問会社の現地での無料見学も歓迎していたりと
サポートに力を入れてるのは確かなのだと思いますけどね。

(もっとも、その場でクロージングされるのかもしれませんが・・・)

裁量トレードなのに口座縛り?

販売ページの最後の方に以下の記載があります。

【必要なもの】
① GLAMOUR INSPIRATION TRADING LIMITED 社の口座
◆本ソフトは、GLAMOUR INSPIRATION TRADING LIMITED 社 専用のソフトです。 従いまして、他の証券会社ではご利用できませんので、予めご了承下さい。

取引はユーザーが各自で行うのに、なぜか口座縛りがあります。
普通はスプレッドが狭く約定力が高い証券会社を勧めるものなんですが・・・

「GLAMOUR INSPIRATION TRADING LIMITED」なんて初めて聞きました。

その業者と思われるサイトですが、ブローカーとは思えない程質素なサイトです。

http://glamourinspirationtrading.com/ree/index.html

海外の業者らしいですが、
少し調べてみると去年の10月に日本で取得されたドメインのようです。

おそらくIB目的なのでしょうが、、、よく分かりません。

リセールライト(再販権)ビジネス?

インフォトップで同日に販売された「シンプルFXデイトレ」という商材があります。
販売者は違うのですが、同じ投資顧問会社と提携している商材です。

(販売ページ)
http://barin.fxtrade21.com/info/

見てもらえば直ぐわかりますが、書いてる内容が全く同じ。取引履歴まで全部同じです。
普通に考えて同じ商材ですよね。

「シンプルFXデイトレ」だけではありません。

「あんしん逆スキャFX」
http://hero-trade.com/info/

「FXデイトレPRO」
http://sanpei.fxtrade21.com/info/

「FXかんたんデイトレちゃん」
http://miraikan.fxtrade21.com/info/

「FXラクトレくん」
http://secondlife.fxtrade21.com/info/

「FXデイトレパーフェクト1」
http://rakutei.fxtrade21.com/

「神眼トレーダーFX」
http://assetexpansion.fxtrade21.com/

「FXデイトレチャンス」
http://bm.fxtrade21.com/

「イージースキャルFX」
http://my.fxtrade21.com/

「FXスキャルくん」
http://wmountain.fxtrade21.com/

一体いくつあるんんだって感じですが、
これらも販売ページの内容はほとんど同じになっています。

ここからは私の憶測ですけれど、、、
同じ商材を名前を変えて再販する権利を、購入者に販売しているのかも知れません。

であれば同じような商材が山ほどあるのも説明がつきますよね。

それは別に悪いことではありませんし、1つのビジネスの形として存在しています。

でもなんだか、中高年の情弱向けのビジネスに思えてなりません。。。

販売情報

販売ページ:http://t-master.fxtrade21.com/
価格:49,800円
販売者:浜 直希/システムトレード投資顧問株式会社

catch-selzio

「セルジオトレーダーどう思います?」

という問い合わせを先月2件頂いたのでレビューしてみます。

セルジオトレーダーはコピートレードのサービスで
トレーダーが裁量で行った売買を、ユーザーのMT4に反映されるタイプです。

運用元のトレーダーは
「12億円を運用するシンガポール在住の5人のトレーダー」
とのことですが・・・詳細は不明。

疑問が残るところではありますが・・・
そこをあまり突っ込んでも仕方ありませんので、
公開されている情報・成績を見てみましょう。

スタイルとしてはスイングトレード。
ファンダメンタルズを見てポジションテイクして行くようです。

myfxbookに運用成績が公開されています。


http://www.myfxbook.com/members/FXGX/yasunari-togashi/430242

これまでの成績をみるに、けっこうな含み損を抱える傾向があります。

決済損益ベース(赤)では右肩上がりになってますが、
含み損益ベース(黄色)だとマイナス圏まで一気にドローダウンしている場面もあります。

決済損益ベースでもって「順調に増えています」「結果が全てです」という人もいますが。。。

公式ブログを見ると

「相場の見通しが変わらない限りは、損切りせずにポジションを継続する」

というスタンスのようですね。

これには正直、怖さを感じます。

かなり長いスパンでの裁量トレードですので、
相場の見通しが間違いだった時、局面が変わった時に
どの様な対応を取るのかを見なければなりません。

相場を当てる力はもちろん必要ですが、
外した時の対応力はそれ以上に重要
ですからね。

運用元のトレーダーの実力が本物であれば、
今抱えている含み損もうまく処理するはず。

上の公式ブログに現状報告と翌週の展望が更新されてますので、
そちらを見ておくのがいいでしょう。

セルジオトレーダーは公開されて3ヶ月程度。

まだまだ、判断するには早計と思います。

販売情報

販売ページ:http://www.selziotrader.com
価格:19,800円
販売者:ALT PRIMA LTD(アルトプリマリミテッド)

catch-gimmic

「FX為替予想GIMMIC」
インジケーターと、そのロジックの自動売買ソフト(特典)のセットです。

販売者は「FX為替予想システムスナッチ」の方です。
当時は人気のあったインジケーターですね。

「FX為替予想システムスナッチ」は現在は販売停止で、
「FX為替予想GIMMIC」に無料で付いてくるそうです。

VTトレーダーは日本の業者では使えない

「FX為替予想GIMMIC」は「VTトレーダー」で動作します。

VTトレーダーは、MT4のようなチャートソフトです。

チャートのヴィジュアルが見やすくファンも多かったのですが、
対応している証券会社が次々と日本から撤退してしまい、
国内にはVTに対応している業者はなくなりました。

唯一、Forex.com UKで使えます。

なぜ今どきVTなんぞで作ったのかというと、
おそらく販売者が開発に慣れているからなんでしょうね。
(スナッチもVT対応の商材でした)

つまり事実上、自動売買はForex.com UKでしか出来ません
この縛りは大きなデメリットです。

※「ぽちっとVT」というツールを使えば、MT4でも売買できるかと思います。
 (参考:不労所得で生活できるのか?

バックテストできない?

基本的にはサインを出すインジケーターなのですが、
特典として自動売買ツールが付いています。

完全無裁量でGIMMICシグナルに従うだけのトレード

ということは、バックテストすれば性能は一目瞭然なわけです。

ところが、なんとも驚きなんですが、
VTトレーダーにはバックテスト機能がありません。

まあそれは仕方がないにしても、MT4にロジックを移植するなり、
エクセルで集計するなりしてでもテスト結果を見せて欲しいところ。

しかし販売ページに掲載されている成績というのが↓

本当なのかもしれませんが、、、
これで信用しろっていう方が無理でしょう。

自動売買ソフトでバックテスト結果がないというのは致命的です。

システムは買い切りではない

このインジケーター/EAは1回払って手に入るというものではなく、
半年ごと、1年毎に利用料が発生します。

そして【19通貨対応版】と9通貨対応の【セレクト版】があり、

【19通貨対応版】

  • 半年間で29,800円
  • 1年間で52,500円

【セレクト版】

  • 1年間で29,800円

とかなり分かりにくい価格体系になっています。

ただでさえ高額なのに、その上期間限定とは。。。

まとめ

  • 動作環境が特殊(VT)
  • 実績の信頼性に難あり
  • 価格体系がややこしい&高額

と発売されたばかりということもありますので、
フォワードテスト結果が出るまでは現状ではスルーでいいと思います。

販売情報

販売ページ:http://kawase.fxgimmic.com
価格:29,800円/52,500円
販売者:太田 美里