catch-why-not-ea

「裁量トレードをEAにしようと考えるのはよくない
それなら最初から自動売買EAを検討したほうが良い」

ということを書きました。

裁量トレードで勝ってる人の手法をEAにしたら無敵なんじゃない!?

で、その記事に頂いたコメントをみると、あんま伝わってないな・・・と思ったのですが、
この話はインジケーターでも同じです。

実は、

  • インジケーター(あるいは売買ルール)を作る
  • インジケーターに従って自動売買させる

この二つは、技術的にはそこまで大差はなかったりします。
(ゼロから自動売買EAを作るのはかなり大変です)

私はインジケーター系の商材をレビューする際に、よくEA化してバックテストにかけていますが、あれもプログラミングの出来てFXの知識がある人なら、そんなに難しいことじゃないんです。

かんたんに出来るなら、何でEAで販売しないのか?というと、

「自動売買にしたら勝てないから」 とか
「EAにする自信がないから」 とか

ドヤ顔でいう人がたまにいますが、そういう話ではありません。

インジケーター・売買ルールが

「これまでにどんな成績を残しているか」
「実践してみた結果はどうなのか」

なんて手作業でも検証できるわけですから、自動化うんぬんは関係なくて、
まったくトンチンカンなツッコミなんです。

そんな事よりも、
どんな高性能なものでもインジケーターはトレードの補助でしかない
ということの方がいくぶん重要だと思います。

「このサインに従うだけで勝てます!」 とうたってるんだったら、
「じゃあEAにしろよ・・・」 って話なんですが、

そういう商材は知る限りはありません。
(クソ商材には山ほどありますが・・・)

どの商材も「サインが出ればエントリーのチャンスです!」 って言ってるだけです。
つまり「最終的には自分で裁量判断を入れてトレードしてね」 ということ。

インジケーターが拾ったサインを取捨選択してトレードするのが正しい使い方ですし、
インジケーターもそういう設計(条件をキビしくし過ぎない)になっています。

EAにしても勝てているインジケーターはあります。

例えば「TMT」なんかは、ただサインに従って売買するだけで大幅なプラスです。
(載せている検証結果は機械的にトレードした場合の結果なので、時間があれば読んでみて下さい)

でも、TMTのサインを取捨選択して、裁量でトレードした方が全然いい結果が出ます。

要するに、「EA化=劣化」なんです。

販売者からしてみれば、
EAにしようと思えば出来るものを、わざわざインジケーターの形で販売してるので、
それを無理やりEAにするのは、商品ぶち壊しなわけです。

だから特典を作成する場合も、
サインが出た時にアラートメールを送信するまでで、
EAにしてお渡しするまではしていません。

うまく使いこなすためのツールなら、どんどん作って配りますが、
変にラクしようとしてパフォーマンスを損ねるようなことはしたくないですからね。

それに負けた時にやりきれません。

元から自動売買のEAを使って負けたんだったら、
そのEAが悪いって評価で間違いないです。

でも元々は自動売買のEAじゃないのに無理やりEAにして負けたって、
「知らんがな・・・」って話になってきます(笑)

というわけで、
自動化させてほったらかしで儲けたい、という気持ちはよく分かるのですが、
だったらそれ用に設計されたEAを検討するのが絶対いいです。

EAの販売だと「fx-on.com」あたりが大手ですが、バックテストもフォワードテストもデータが公開されてますので、見てるだけでも結構楽しいです。


PS.
「マナブ式」購入してみました。
使ってみて、近々レビューしたいと思います。

catch-muteki


「継続的に勝っている裁量トレーダーがいて、その人の書いた教材があるなら、
 その内容を元にEAにして自動売買させれば超儲かっちゃうんじゃ・・・」

FXのことを勉強していると、こんな考えに至ったことはないでしょうか。
私は思いましたし、多少プログラミングの素養があるので、実際にやろうともしました。

でもそんなこと出来ないんです。

身も蓋もない言い方をすると「できるなら販売者がとっくにやってますよ」ですが、
なぜ出来ないかをちょっと書いてみます。

最近コメントの返信でも書いたんですが、

もし裁量トレードをEAに落としこむとすると、
[bullet_box]

  1. あらゆる相場と思考パターンを言語化して
  2. それをテクニカルに置き換えて
  3. プログラムを作る

[/bullet_box]
ざっくりとこのステップが必要です。

でも大方、最初のステップで頓挫すると思います。。。

車の運転を自動化できるか?

トレードと同じく、裁量でするものとして「車の運転」があります。
こっちの方が身近で考えやすいと思うので、ちょっと考えてみて下さい。

Q : あなたの車の運転方法を言葉で説明してください

これ、出来るでしょうか?

「こういう時は、こういう判断をして、こういう行動をする」という感じで、
それが技術的に実現可能かどうかまでは考えなくてもOKです。

例えば
[bullet_box]

  • 車間距離は何mを維持して
  • 横断歩道の何m前から何km減速して
  • この交差点は何度でハンドルを切って

[/bullet_box]
こういうことを全て書き出せるかということです。

全ての交通情報データをリアルタイムに取り込んで演算すれば、
事故も起こさずにパーフェクトな運転ができる!

・・・ような気がしますが、
残念ながらそうはいきません。

上の問題は「あなたの運転」で、

運転の仕方は人それぞれ違うし、
同じ人でも状況によって変わってくるからです。
[bullet_box]

  • 「今日は女の子にイイとこ見せたいから飛ばすぜー」
  • 「ネズミ捕りありそうだから法定速度にしとこっか」
  • 「追い越したいけど前の車がヤ○ザっぽいからやめとこ・・・」

[/bullet_box]
ということもあるわけで(笑)
それらを全部書き出すのは、現実的に無理があります。

でも「言語化する」というのはそういうことです。

さらに、トレードの場合はそれをテクニカルに落とし込まないといけません。

「長い上ヒゲが出たら」
という条件1つとってみても、

「長いってどの位?全体の何%?」
と決めないとルールにならないです。

気絶しそうです。

ラクしたいなら自動売買にいきましょう

これでEA化がかなりしんどいことは分かってもらえると思うのですが、

そもそもの話として、、、
裁量教材はトレードを上手くするためのものです。

それをEA化しようというのは、

『計算ドリル買ったけど、計算するのめんどくさいから電卓つかお(^ω^)』

と言っているようなもので、
何のために教材を買ったのか分からなくなってしまいます。

ただ、ショートカットのために補助的なツールを使うのはアリだと思います。
私がMaestroFXの特典として作成したマトリックス通貨分析法のツールはその例です。

ラクにトレードをしたかったり、
裁量トレードに取り組む時間がない人は
自動売買EAがいいと思います。

裁量トレードをする人は「自動売買は危ない、ダメだ」と言うことが多いんですけど、
私はそんなことはないと思っています。

自動売買でしか出来ない手法もありますからね。

自動売買それ自体がいい悪いではなくて
「どのEAを選ぶか」「どう運用するか」という使う側の問題です。

このサイトでは今のところEAの紹介はほとんどしていませんが、
近いうちに紹介できればと考えています。

ありとあらゆるEAを比較できるようにする予定ですので、
自動売買に興味のあるかたはお楽しみに^^

気持ちが入って長くなってしまいましたが、、、まとめると

「裁量教材のEA化は無理なので、自動売買EAを検討したほうがいい」

ということでした。

ではでは!

catch-cfd


先日、「CMC Markets Japan」が廃業するとのニュースがありました。

【重要】CFD/FX取引の取り扱い終了及び廃業についての決定のお知らせ
http://www.cmcmarkets.co.jp/closeurannouncement

平素はCMC Markets Japanをご愛顧いただき、有難うございます。

この度、当社はCMC Marketsグループの世界全体における事業展開見直しの結果、CFD/FXサービスの取り扱いを終了し、2012年11月30日(金曜日)をもちまして金融商品取引業及び商品先物取引業を廃止(以下「廃業」といいます。)することを決定致しました。

つきましては、当社は、2012年11月30日(金曜日)付で、すべてのお客様との取引を解約させていただきますことを、ここにご通知申し上げます。

「CMC Markets Japan」はCFD取引のブローカーとしては大手で、
私も口座を持っています。

私が口座を開いたのは2009年で、
当時は「FXの次はCFDだ!」とばかりに広告もバンバン出ていましたね。

CMCは三空さんが広告塔になってキャンペーンを張っていました。

世界中の色んな商品が24時間取引できるのが嬉しくって、
会社から帰ってから夜中まで原油先物や米株価指数をトレードしていたのを覚えています。

(当時の恥ずかしい取引)
CFD

しかし、FXと同様にレバレッジ規制が入ったのもあって
最初は4000ほどあった取引商品も10分の1になり、新規口座もどんどん減っていき・・・
いつの間にかCFD自体が下火になっていきました。

手数料で儲ける業者としては、参加者がいないと商売になりません。

楽天証券も2013年の2月で撤退。
他にも撤退する業者や縮小する業者はいくつかあります。

CMC Markets Japanが廃業するのも、特に財務状態が悪いというわけではなく、
日本市場で採算が取れないため撤退するという事のようです。

CFDはなぜ流行らないのか

CFDがいまいち流行らないのは、FXが人気なのが大きな理由だと思います。

FXもレバレッジ規制で一時期の勢いはなくなったものの、まだまだ投資の代表格です。
手数料もどんどん安くなっているし、何よりシンプルで分かりやすいです。

為替は海外旅行好きな人には身近な存在だし、
円高or円安を予想するだけというシンプルさ(本当はぜんぜん違うのですが・・・)は
射幸心をかきたてます。

一方、CFDは投資好き、経済好きには面白いのですが、
一般の人からすると取っ付きにくいです。

「CFD?何それ?FXで良くない?」

となってしまいます。

FXは↑に書いたように手数料も安い、流動性も大きい、インサイダー取引も(ほぼ)ないフェアな市場、ツールや教材も充実しているので、申し分ないですね。

今後もFXを超える人気の投資商品はしばらく出ない気がします。


catch-summertime

11/4(日)で夏時間が終わって
11/5(月)から冬時間(標準時間)になります。

多くの業者ではMT4のサーバ時間が「GMT+3」から「GMT+2」に変わります。

それに伴って、当ブログでも紹介した

『JPN_Time_SubZero』とか
『Time Zones』

を使っている場合はパラメーターの変更が必要です。

自動売買EAでもGMTのパラメーターを持っているものもあるので、
念のため販売者に確認してみてくださいね。

また明日は雇用統計なので、
自動売買EAを動かしている人はその前後はいったん止めておくのが無難かと思います。

バッチリはまると大きく穫れるところでもありますが、
ナンピンで爆死したEAも数知れずですので。。。

PS
読者の方とメールでやり取りしていると、インジケーターの設置の仕方が分からなかったり、トレード用語が分からなかったりする方も少なくないようですので、いま初心者向けコンテンツを作成中です。