catch-9784775990902

『FXメタトレーダー実践プログラミング 高機能システムトレードソフト超活用術』

著者は『FXメタトレーダー入門』と同じ豊嶋先生です。

基本的に前作の内容だけで制作はできますので、
あとはもうアイデア勝負になってきます。

この本は「TIPS集」「テクニック集」という感じですね。

前から順番に読んでくんじゃなくて、
何かアイデアが閃いたときに、やり方が書いてないか調べる。

そんな辞書的な使い方がいいんじゃないかと思います。

僕もMT4のツールを作るときはいつも手元に置いているし、
やりたいことも大半はこの本に書いてることで事足ります。

ここまで詳しく書かれている本は今のところ他にないので、
本格的にやりたい方はぜひ持っておくといい1冊です。

著者のブログに変更点が載っていますので、そちらもあわせて
Toyolab FX – 手ぶらで為替取引

catch-9784775990636

『FXメタトレーダー入門 最先端システムトレードソフト使いこなし術』

オーソドックスなMT4の操作説明から始まり、

テクニカル指標・関数のパラメーターの解説、
インジケーターの作り方、EAの作り方と

MT4プログラミングに必要な主な技術は、ひと通り書かれてます。

なので販売されてるインジケーター位なら、
この本に書いてる内容で十分作成できるのです。

※もちろんアイデアは必要ですよ。

コンセプトは初心者向けとされていますが、出来る人目線で初心者向けに書いてる本なので、
本当にプログラミングが初めての人には難しいと思います。

全くゼロの人は「iCustomで変幻自在のメタトレーダー」の方がいいです。

理系の人だったりある程度プログラミングの素養のある人は
この本から初めるのがいいと思います。

※↑のサイトから、サンプルプログラムをダウンロードできます。

catch-9784775991145

『たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~』

「iCustomで変幻自在のメタトレーダー」と同じ著者さんの本で、内容も続編になります。

前作は「とりあえずEAを作ってみよう」で
今回は「ちょっとだけ応用させてみる」なコンセプトです。

時間軸を変えたり、パラメーターを変えたり、エントリーの条件を増やしたりして
成績が上がらないか検証してみよう!ってことをしていますが、、、

やってることは一歩間違えばカーブフィッティングなのでご注意下さい。

まあ応用とはいっても、本編は前作を読めば自分でできるレベル。
iCustom関数の使い方が十分わかったと思えば、特に読まなくてOKだと思います。

それよりも、このサイトの読者さん的に気になるのは・・・

特別付録その3「入手したインディケータをEA化」

ここでしょう。

僕も含め、特典でMT4関連のツールを提供する人の種明かしでもあります。笑
お気に入りのインジケーターがあればEA化に挑戦してみてもいいかもしれません。

※購入すると↑のサイトから、本書で使われてるEAをダウンロードできます。

catch-9784775991077

EA制作の入門書を何冊か紹介していきます。

まずはこちら

『iCustom(アイカスタム)で変幻自在のメタトレーダー~EAをコピペで作る方法~』

MetaTrader4のプログラミング入門書としては1番分かりやすいです。

「iCustom関数」という超便利なツールを使ってEAを作成する方法が説明されています。

足し算・引き算をさせる方法から書かれてるので、プログラミングを全くやったことがない人でも、簡単なEAなら作れるようになります。

  • RSIが20以下or80以上で
  • ボリンジャーバンドが±2σ超えで
  • ADXが、、、

のようなテクニカルの単純な組み合わせの手法であれば楽勝ですよ。

「EA作りに挑戦してみたいけど、やり方が全くわからない・・・」という方にはオススメです。
逆にプログラミングの経験がある方にとっては退屈な本になると思います。

注意点としてはインジケーターの作り方は書いてありません。
(EAとは作り方が多少違います)

インジケーターを作りたい方は「MT4入門」も合わせて読んでみましょう。

※購入すると↑のサイトから、本書で使われてるEAをダウンロードできます。