カスタムインジケーターを使用する方法


MT4のインジケーターには移動平均線やRSIなど、
初めからMT4にインストールされているもの以外にも、
様々なテクニカル指標やMT4をさらに便利にするカスタムインジケーターがあります。

インターネットや本、雑誌などで調べれば多くのカスタムインジケーターが紹介されていますし、知識は必要ですがインジケーターを自作することもできます。

ここではこうしたカスタムインジケーターをお使いのMT4に組み込んで使用する方法をご説明します。

カスタムインジケーターを使う方法

まずはインターネットなどで利用したいインジケーターを見つけます。

ここでは“JPN_Time_SubZero”というインジケーターを例に進めていきます。

[box_h]JPN_Time_SubZeroはFX会社によって違いがある、MT4に表示される時間(通常はデータサーバーが設置されている地域の時間が表示されています)と日本時間との時差を修正し表示してくれるカスタムインジケーターです。[/box_h]

1.ダウンロードする

まずは下記サイトからカスタムインジケーターのファイルをダウンロードします。
インジケーターは”mq4″または”ex4″というファイル形式になっています。

http://www.abysse.co.jp/mt4/indicators2/JPN_Time_SubZero.mq4

今回はデスクトップにダウンロードしました。

カスタムインジケーターを使用する方法01


カスタムインジケーターを使用する方法02

※ダウンロード方法や画面表示などは、ご利用になるウェブサイトやお使いのPC環境によって異なります。

2.ファイルを移動する

ダウンロードしたファイルをお使いのMT4に組み込みます。

インストールしてあるMT4が格納されているフォルダを開きます。

インストールの際にインストールフォルダを変更した場合はその変更先を開きます。
変更しなかった場合は通常
「コンピュータ」→「Cドライブ」→「Program Files」の中の
「MetaTrader 4」というファイルに格納されています。

さらに「MetaTrader 4」フォルダを開くと
「experts」というフォルダがありますので開きます。

カスタムインジケーターを使用する方法03

そこに「indicators」というフォルダがあります。

その中にダウンロードしたJPN_Time_SubZeroというmq4ファイルを
ドラッグ&ドロップして「indicators」フォルダに移動します。

カスタムインジケーターを使用する方法04

「indicators」フォルダを開いて
JPN_Time_SubZero.mq4が保存されていることを確認します。

カスタムインジケーターを使用する方法05

もしこの作業をMT4が起動している状態で行った場合、組み込んだファイルを認識できませんので、MT4を再起動して下さい。

3.MT4に表示させる

それではこのカスタムインジケーターをチャートに表示してみましょう。

チャートを表示して、「テクニカル指標を表示させる方法」のところでご説明したのと同じく、
ツールバーの“indicators”ボタンをクリックします。

プルダウンメニューの”カスタム”の中に、
今組み込んだ”JPN_Time_SubZero”が表示されています。

これをクリックします。

カスタムインジケーターを使用する方法06

または”ナビゲーター”ウィンドウから挿入する場合
“Custom Indicators”の左側にある+をクリックして下さい。

カスタムインジケーターの一覧の中に”JPN_Time_SubZero”が表示されていますね。

これをダブルクリックするか
チャートにドラッグ&ドロップします。

カスタムインジケーターを使用する方法07

これでカスタムインジケーターがチャートに表示されます。

カスタムインジケーターを使用する方法08

>>初心者用コンテンツ目次