マルチタイムフレーム


よくFXをはじめ相場関係の書籍にもマルチタイムフレームとかマルチタイムフレーム分析という言葉が出てきますので、すでに見聞きされたことがあるかも知れませんが、ここで少しご説明させて頂きます。

マルチタイムフレームとは同じ通貨ペアでも、例えば日足、4時間足、1時間足、15分足というような複数の異なる時間軸のチャートを同時に見て相場の状況を判断することを言います。

通常は取引を実行するために利用する時間足のチャートとそれより周期の長いチャートを表示します。

なぜ実際に取引する時間足以外のチャートを見る必要があるのでしょうか・・・

実際にチャートをご覧下さい。
これはMT4でドル円のチャートを異なる4つの時間周期でキャプチャした画像です。時間足は上から15分足、1時間足、4時間足、日足です。

チャートの中の赤い四角で囲った部分は、一番短い時間軸の15分チャートで表示されている期間をそれぞれの時間軸で見た場合にどれくらいの範囲になるかを表しています。


15分足(クリックで拡大)


1時間足(クリックで拡大)


4時間足(クリックで拡大)


日足(クリックで拡大)

ご覧いただいてお分かりの通り、15分足で見ることができる範囲はとても限定的だと言えます。

短期の時間軸だけ見てトレードした場合、相場の大きな方向性を知らずに判断をしてしまうリスクが非常に高くなります。例えば、このためにトレンドフォローのつもりでポジションを取ったにもかかわらず、大きな流れから見れば逆張りになってしまっていて、すぐに逆行されてしまうようなケースはよくあります。

また世界中のトレーダーが注目しているような日足や週足などの長期時間軸のテクニカルポイントも、短期チャートだけ見ていると見逃してしまう危険があります。

マルチタイムフレームではトレード戦略がトレンドフォローにしろコントラリアン(逆張り)にしろ、上位時間軸の状況を合わせ見ることで、大きな相場の流れを把握し、多くのトレーダーが注目するようなテクニカルポイントをしっかり確認して、より効果的な戦略を立てることができるというメリットがあります。

このようにマルチタイムフレームは「木を見て森を見ず」のようなトレードにならないために、特に裁量トレードではとてもポピュラーなチャートの見方だと言えるでしょう。

もちろんこの考え方を取り入れたシステムトレードも数多くあります。
裁量トレードでもシステムトレードでも、あまり近視眼的になるのは好ましくないことが多いと思いますので、ぜひ参考になさって下さい。

>>初心者用コンテンツ目次