リスクリワード


リスクリワード(比率)とは
1トレードあたりの負け額(リスク)と勝ち額(リワード)の比率
のことです。

トレードを始められてしばらく経つと、まず気になってくるのが勝率ではないでしょうか?

しかし勝率は気にしても、このリスクリワードのことはあまり気にしていないケースを特に初心者トレーダーの方に多くお見受けします。

勝率は目に見えやすいですし、どうしても気になってしまうのはよく分かりますが、
実はこのリスクリワードも勝率と同じようにとても重要です。

また勝率とリスクリワードには非常に密接な関係がありますので、
ぜひリスクリワードの考え方をマスターしてシステム制作に取り入れて下さい。

リスクリワード “比” という場合は 「2:1」
リスクリワード “比率” という場合は 「2.0」

という表現をされますが、意味はどちらも同じです。

裁量トレードの場合

裁量トレードの場合は、

「これくらいで利食いしよう」
「これくらいで損切りしよう」

とあらかじめルールを決めてトレードすることが多いですが
[bullet_box]

  • 30Pipsで利食い
  • 20Pipsで損切り

[/bullet_box]
というルールで取引をするならば、
リスクリワード比は「3:2」になります。

システムトレードの場合

システムの検証結果を見て
[bullet_box]

  • 平均利益100pips、平均損失25pipsなら、リスクリワード比率は「4.00」
  • 平均利益100pips、平均損失80pipsなら、リスクリワード比率は「1.25」

[/bullet_box]
となります。

MT4のストラテジーテスターいうと、

平均利益は「Average profit trade」
平均利益は「Average loss trade」

の項目を見れば分かります。

リスクリワード比率
(クリックで拡大)

リスクリワードと勝率の関係

リスクリワード比率が「4.00」の場合、
1回勝てば4回負けてもマイナスにはなりません。

つまり勝率が25%を超えれば利益が出ることになります。

リスクリワード比率が「1.25」の場合、
1回勝っても2回負けるとマイナスになってしまいます。

勝率にするとおよそ45%以上ないと利益が出ないことになります。

ですからもしこのリスクリワードを意識せずにトレードをして、

平均利益20pips、平均損失100pips → リスクリワード比率「0.20」

というようなリスクリワード比率の低いトレードを繰り返してしまうと、
5回勝っても1回の負けで利益がなくなってしまいます。

つまり勝率が80%あっても利益にならないことになります。

売買ルールにはいろいろな特徴がありますが、
このリスクリワードと勝率についてよく検討する必要があります。

“トレンドフォロー”のような勝率を上げにくい売買ルールの場合は、
リスクリワード比率を高くする工夫が必要です。

“マーチンゲール”のようなリスクリワード比率を上げにくい売買ルール場合は、
どれだけ勝率を上げることが出来るかが鍵になりますね。

※さらに詳しい話はこちら
→ 破産確率のシュミレーション

>>初心者用コンテンツ目次