ロンドンフィキシング


「ロンドンフィキシング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?まだ聞いたことがない方もこれからFXの取引をしていけば必ず耳にするキーワードですから、少しご説明させて頂きます。

そもそも「フィキシング」とは「値決め」を意味します。

「仲値」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?
これは銀行などの金融機関がインターバンクレートを基準に対顧客向けのレートを「値決め」し公示することを言います。通常は毎日9時55分で、余程のことがない限り一日中そのレートが適用されます。これが東京の仲値(公示)で、一般的には三菱東京UFJ銀行の仲値を使うところが多いようです。

為替レートは常に変動しますが、それではいろいろな取引を行ったり、資産評価をする上で不便なことも多いので、このようにある時間で基準になる為替レートを決めてしまうことをフィキシングと言います。

ロンドンフィキシングとはロンドン市場での「値決め」のことで、最も有名なのはロンドン時間16時、日本時間では深夜1時(サマータイムの場合は24時)です。もともと金のスポット価格の値決めをする時間であるほか、海外の投信やファンドなどがこの時の為替レートで資産評価をすることが多いために、この時間に向けて取引が活発化して価格が大きく変動する可能性の高い時間帯となります。

ロンドン市場でのフィキシングはこれ以外にもロンドン時間8時、12時にも公示され、8時のフィキシングは日本の投信なども利用するためクロス円にも比較的影響が出やすく、12時には対ユーロでのフィキシングが行われるためユーロフィキシングなどと呼ばれています。

ロンドンの外国為替市場は世界一の取引量を誇っており、その市場でのフィキシングの時間は様々な思惑が交錯して相場の大きな変動要因になりますので注意が必要です。

>>初心者用コンテンツ目次