各市場の取引時間


ご存知のように外国為替の取引は土日を除いて24時間休みなく行われています。
よく東京外国為替市場、ニューヨーク外国為替市場などと言われていますが、株式市場の取引所のような特定の場所が存在するわけではなく、銀行や取引業者などの参加者全体のネットワークを便宜的に「外国為替市場」と言っています。

そしてその外国為替市場は世界各地にあり、時差の関係で東から西へオープン時間は少しづつずれながら重なっており、地球を一周して結果的に24時間取引ができるわけです。

基本的に月曜の朝一番にオープンするニュージーランドのウェリントン市場に始まり、金曜(日本時間では土曜朝)にニューヨーク市場が閉まるまで土日を除いて24時間取引が可能な外国為替市場の中でも、東京・ロンドン・ニューヨークは取引量が多く世界3大市場と呼ばれています。中でもロンドン市場が取引量で世界最大の外国為替市場となっています。

実は各外国為替市場の取引時間には株式市場のような、厳密な開始時間や終了時間はありません。原則月曜朝のウェリントン市場が現地の午前9時(日本時間の午前6時)にオープンして、金曜のニューヨーク市場のクローズが米東部時間17時(日本時間の土曜午前7時)となっています。

ただ実際には月曜のもっと早い時間にプライスが動いたり、なにかあればニューヨークの金曜17時を過ぎても活発に取引されたりということもあります。

また外国為替取引は土日を除く24時間と上述しましたが、実は中東のイスラムの国では休日が異なるために土日でも市場がオープンしています。

このように外国為替市場の取引時間は厳密ではありませんが、各市場で活発に取引される時間帯として(すべて日本時間)概ね東京市場は8時~19時、ロンドン市場16時~翌午前3時、ニューヨーク市場21時~翌午前7時というところでしょう。

ここで、気をつけなくてはならないのは東京市場以外では多くの場合サマータイムが導入されているという点です。
サマータイム導入期間中は上記記載の日本時間より1時間早くなり、ウェリントン市場のオープンは日本時間午前5時、ロンドン市場は概ね15時~翌午前2時、ニューヨーク市場は20時~翌午前6時となります。

なお、サマータイムの導入期間は次の通りです。
ウェリントン市場 9月の最終日曜日から翌年4月の第1日曜日の間
シドニー市場 10月の第1日曜日から翌年4月の第1日曜日の間
ロンドン市場 3月最終日曜日から10月最終日曜日の間
ニューヨーク市場 3月第2日曜日から11月第1日曜日の間

特にニューヨーク市場がサマータイムに切り替わる時期や反対にサマータイムが終了する時期は、各FX会社の取引時間も変更されることが多いので充分注意して下さい。

>>初心者用コンテンツ目次