EAを稼働させる方法


EA(Expert Adviser)を実際にMT4に設定して稼働させる方法をご説明します。

ここではMT4にあらかじめインストールされている
「MACD Sample」というサンプルEAを利用して進めていきます。

まずはEAを今後も利用することを考えて初期設定オプションを変更しておきます。

メニューバーの「ツール」メニューから「オプション」をクリックします。

EAを稼働させる方法01

「オプション」ウィンドウが開きますので「Expert Advisors」タブをクリックします。
そして次の4ヶ所にチェックを入れておきましょう。

■Enable Expert Advisors(except for Custom Indicators and Scripts)

EAを使用するときは必ずチェックを入れます。
補助の2項目は通常チェックする必要はありません。

■Allow live trading

EAを使用してトレードを行うときはチェックを入れます。
補助項目は通常チェック不要です。

■Allow DLL imports

DLLを使用しないEAではチェック不要です。分からない場合はチェックを入れておきます。
補助項目も通常はチェック不要ですがDLLの関数を呼び出すEAを使うときはチェックを入れます。

■Allow external experts imports

外部EAを呼び出す必要がある場合にチェックを入れます。
こちらも分からなければチェックを入れておきます。

EAを稼働させる方法02

ではEAをチャートにセットします。

ここではドル円の1時間足に「MACD Sample」を設定します。
EAによっては通貨ペアや時間足が指定されてるものもあるので、よく確認して下さい。

「ナビゲーター」ウィンドウの「Expert Advisors」の左の+をクリックすると
EAの一覧が表示されます。

EAを稼働させる方法03

「MACD Sample」をダブルクリックするか、
チャートにドラッグアンドドロップして下さい。

下の画像のような「MACD Sample」の設定画面が表示されます。

EAを稼働させる方法04

最初に「オプション」を変更した場合は、
画像のようにすでにチェックの入った状態になっているはずです。

もしチェックが入っていなければ、ここで入れて下さい。

「パラメーターの入力」タブでは、EAで変更できるパラメーターが表示されます。
ここで「Value」の値を変更することでパラメーターを設定することができます。
また設定を保存したり、保存した設定を読み込んだりすることもできます。

パラメーターの内容はEAによって違いますので、ご利用になるEAの使い方をご確認下さい。

EAを稼働させる方法05

今回はパラメーターの変更はしないことにして、このまま「OK」をクリックします。
これでEAをチャートにセットすることができました。

ではチャートを見てみましょう。チャートの右上に注目して下さい。
EAを稼働させる方法06

チャート右上にEAの名前と×印が表示されていると思います。
EAを稼働させる方法07

チャートにEAをセットするとEAの名前が表示されますが、
このままですとEAは停止状態でまだ稼働していません。

稼働するには「ツールバー」の「Expert Advisors」ボタンをクリックします。
EAを稼働させる方法08

するとボタンが押し込まれた状態表示になり、マークが赤色から緑色に変わりました。
EAを稼働させる方法09

このボタンでEAの「停止」と「稼働」を切り替えることができます。
EAが稼働状態になると、チャート右上の表示が×印からスマイルマークになっていますね。

EAを稼働させる方法10

なお、このチャート右上のスマイルマークがもし怒った顔のマークになっているときは、何らかの問題がありEAが正常に作動していないことを表します。

EAを稼働させる方法11

この場合チェックの入れ忘れなどのミスも多いですから、もう一度設定を確認してみて下さい。

これでEAを稼働させることができました。

>>初心者用コンテンツ目次