【検証&評価】FXシステムポートフォリオ

昨年発売されて結構売れている商材
『FXシステムポートフォリオ』を検証してみます。

一見もっともらしいことを言っていますが。。。

『FXシステムポートフォリオ』はEA(群)なんですが、
完全自動というわけではなく、1日1回

  • 上昇トレンドであれば買いのみ
  • 下降トレンドであれば売りのみ

を執行するように設定します。

まあそれ自体は理にかなってるとは思います。

でも、トレンドの向きは裁量で判断するのかというと、
そうではなく

  • 上昇トレンドのはじまりのサイン
  • 下降トレンドのはじまりのサイン

を見て切り替えると。

そうであるならば、
「何でEAにそのロジック組み込まないの?」
という疑問が湧きます。

エントリーを「買いのみ」「売りのみ」にするロジックなんて
めちゃくちゃ簡単に組み込めますからね。

恣意的なテスト

MT4のバックテストの結果がアップされています。

見て頂くとすぐに分かりますが、手動で設定を切り替えているので
各レポートは売りのみ、買いのみの結果になっています。

そのバックテストって何の意味があるんでしょうか・・・

この辺りに設定を手動にする理由がある気がします。

それはポートフォリオになっているの?

普通「ポートフォリオ」というと
相関の低い複数のシステムを同時に使うことで
それぞれの弱点を補う効果を狙うものです。

「どれかが負けてもトータルで勝ってたらいいよね」

って発想です。

『FXシステムポートフォリオ』がそうなのか、
つまり8つのシステムが補完する関係にあるのか?

僕には「ただ8つを稼働させるだけ」に見えます。


(販売ページより)

こういう表も記載されていますが、
ポートフォリのメリットの説明にはなっていても
この数字は商材の結果ではないわけで。

各ロジック単体でのパフォーマンスとそれらの相関度、
そして同時に走らせた時のパフォーマンスが分からないと
ポートフォリオ全体としての効果は測定出来ません。

それぞれのシステムについても、
1つのロジックでパラメーターを
通貨ペア毎に最適化しただけのように見えます。

ブラックボックスなのでどちらでも構いませんが、
実際のところはどうなんでしょうか。

どうでもいいけど・・・

どうでもいい事ではあるんですが、

商品開発スタッフのミーティングの様子ということで
動画がアップされています。


(販売ページより)

「ん?これどっかで見たことあるぞ?」

と思って調べてみると・・・
著作権フリーで販売されてる動画した(笑)


(http://amanaimages.com/info/infoMotionRF.aspx?SearchKey=11004077016)

パクってきてるのではないので合法ですけれど、
なんか見ているこっちが恥ずかしくなってきます。。。

商材の内容以前に、こういう事してる時点でどうなの?って感じです。

販売情報

販売ページ:http://www.fx-systemportfolio.net/
価格:39,800円
販売者:アクトマーケティング株式会社

コメントを残す