ゴールデンスパイダーFXを再評価してみる

ゴールデンスパイダーFXをしばらく動かしてみて思ったこと

リペイントが激しすぎる・・・(;´Д`)


現時点での有効なあらゆるトレンドラインを張り巡らしているのですが、
その「有効なトレンドライン」はローソク足が更新されるたびに変わっていくので、

「さっきまで下支えなかったっけ?」

とか

「ブレイクしたラインはどこいった?」

といったことが頻繁に起こります。

 
ユーロドルの5分足で動かしてみた様子をYouTubeにアップしました。
少し見にくいかもしれませんが、トレンドラインの引かれ方・消え方に注目してみて下さい。

 
トレンドラインは変化していくもので、当然リペイントもされるべきなんですが、
すぐに何事もなかったかのように消えてなくなるのは問題ですね。

 
トレンドラインを自動で引くというのは便利かもしれませんが
便利すぎて逆に困るという感じになっています。

 
全ての選択肢をみせて「さぁお好きにどうぞ~」というよりは、
「トレンドラインはこれとこれ!」とはっきりしている方が商材としての評価は高いです。

まあそうするとゴールデンスパイダーのコンセプトから外れてしまうんですけどね^^;

 
ゴールデンスパイダーFXには

  • トレンドライン
  • サポート&レジスタンス
  • 売買サイン(VQ)

のインジケーターが入ってるので、
次はサポレジと矢印サイン方からアプローチしてみます。

 

コメントを残す