完全無欠のトレード手法とは?聖杯の3要件

みなさんこんばんは。
クリスマスイブの夜、いかがお過ごしでしょうか。

独り身の私としては
このイベントの廃止を強く熱望しております。

さてさて。

FXに限らず、投機の世界では、『聖杯』と呼ばれるものがあります。

「完全無欠のトレード手法」をさしてこう言うのですが、
半ば都市伝説となっていまして、
「聖杯は存在しません!追い求めるのはやめましょう」
ということがよく言われています。

『マーケットの魔術師』では
「聖杯は存在します・・・それは聖杯などないと認識することです」
なんてことも書かれていて、もはやトンチの領域ですw

本当に存在するかどうかはさておき、
聖杯とはどういう手法をいうのでしょうか。

聖杯の3要件

1.勝率が高い

エントリーすればほとんどが利益になる、
80%とか90%の高い勝率を叩きだすことがまず1つ。

2.利益がデカイ

1トレードの損失に比べて利益が大きい、いわゆる「利大損小」であることも必要です。
具体的には、ペイオフレシオが大きいということですね。

この2つの要件は片方のみであれば満たす手法はワリとあるんですが、
両方満たすようなのは中々ありません。

例えば、
ナンピンマーチン系のトレード手法は、1は満たしますが、2を満たしません
トレンドフォロー系のトレード手法は、2は満たしますが、1を満たしません

「あちらを立てればこちらが立たず」という感じですね。

そしてもし、勝率が高くて利益額も大きいロジックがあったとしても、
それだけでは聖杯には成り得ないのです。

3.トレード機会が多い

その手法で十分な利益を得るためには
ある程度のトレード回数が欲しいところです。

「勝率は100%、しかも一撃で500Pips、でもチャンスは年に1回です」

という手法は、聖杯とはとても呼べません。

どれだけ自信があっても、1トレードに全力で勝負するのは
資金管理の面でNGですからね。

月に数回、出来れば週2~3回はエントリーしたいです。

というわけで、これらすべてを満たすような
はっきりとテクニカルで明文化されたロジックも見つけたいですが、

個人的には、裁量トレードで継続して勝てる力がつけば
それは聖杯といってもいいんじゃないかと思います。

コメントを残す