アドバンスドホーミングFXはチャートの天底を読める?

以前書いた実践記事にコメントをいただきました。

今回は惜しくも損切りになってしまい心中お察ししますが、そのようなギリギリのラインを設定していたということは、逆の見方をすれば、直近の天井や底が見えていたということではありませんか?

過去の実践トレードを見ても、ピンポイントで、それこそ下ヒゲの端っこで利食いを入れている妙手が多いように感じました。

この利食いと損切りの塩梅は、こちらの教材内で指導されるのでしょうか??

(一部抜粋)


「雨宮はチャートの天底が読めてるのか?」
「あるいはこの商材を使えば読めるようになるのか?」

という質問ですね。

 
 
結論からいうと・・・読めません(笑)

それができればどんなに良いだろうと思いますし、当てようと躍起になっていたこともありましたが、
不可能なことが分かりましたので、「最安値で購入して最高値で売り抜ける」ような神業的なトレードには興味がなかったりします。

 
 
ただ、

・エントリーのポイントは説明されている
・利食い&損切りのPIPSの目安もある

 
ので、手法に優位性があるならば、
”結果的に”絶妙なポイントでのトレードとなる場面は多くなるはずです。

 
僕の実践トレードが天底を捉えてると感じられているのは、それが印象に残っているだけだと思います。
そういうバッチリハマったトレードも確かにありますが、負けトレードも普通にあります。

 
 
基本的には

1.期待値の高いチャートポイントで淡々とエントリーする。
2.エントリーしたらOCOで決済注文を出して、あとは相場にまかせる。
3.これを繰り返す。

 
この流れです。

 
勝率100%を目指すわけでもないですし、
頭から尻尾まで取ることを狙ってもいません。

 
そんな事出来るっていう人は・・・馬鹿か詐欺師のどっちかなので
話半分以下で聞いておきましょう(笑)

 

コメントを残す