ドル円100円割れいただき/販売再開のようです【トレンドハンターFX実践記その2】

一昨日の記事で書いた通り、ドル円の100円割れを見据えてショートポジションを取っていました。
背景にはこういう事を考えてたのですが、具体的な手法としては「トレハンFX」になります。

何度かお伝えしている通り「トレハンFX」の手法は押し目買い、戻り売りでの順張りです。

実例

こちらはドル円の15分足です。

下降トレンド中の戻りをショートでエントリーしています。

「トレハンFX」の特徴の一つにピラミッティング(トレンド継続ならポジションを追加)にありますので、最初のポジションは残しつつ、次の戻りでさらにショートを載せています。

根性がなくって1ロットずつにしましたが・・・(笑)

僕の場合は99円割れて少し戻したところで利食いしましたが、
教材作成者の関野さんなら、もっと利益を伸ばすというのかもしれません。

 

「トレハンFX」のサインはこんな感じで出ます

しかし、これはあくまで僕がやったトレードです。

教材の内容を100%忠実に実践できているとはいえませんので、
「トレハンFX」の基礎ロジックはこの相場をどう見るのか?を少し見てみます。

「↑」がロング、「↓」がショートのサインです。

※矢印は僕が作成したツールで描画したものです。そのままでは表示されません。
 またテクニカル指標はネタバレ防止のため非表示にしてます。

 
ドル円 日足

ドル円 4時間足

ドル円 1時間足

日足ベースでは上昇トレンド継続中
4時間足ベースではトレンド転換の場面
1時間足ベースでは下降トレンドに突入していると言えるでしょう。

 
どのスパンでトレードするかによって取るべき行動はもちろん変わってきますが、
いずれにしても、

  • 上昇トレンド中には押し目買い
  • 下降トレンド中には戻り売り

のポイントでサインが出ているのが分かります。

実際にはサインが出れば即エントリーするのではなくて、
トレンドの方向や過熱感を判断して最終的にエントリーとなりますが、
どんな位置でサインを出すのかの参考にしてみて下さい。

 

再販されるようです

さてこの「トレハンFX」ですが、前回は
実践トレードをする間もなく一瞬で販売が終わってしまいました。

 
この販売会社の教材はいつもサポートが手厚いです。

会員サイトを見るとみんな質問しまくり。
それ位は自分で調べればいいのにという内容もよくありますが、
初心者OKとした以上は全て受け答えするみたいなスタンスです。

 
それもひと通り出尽くしてサポートも一巡した感じになったので
再販するということなのでしょう。

 
再販開始は6月10日

焦る必要はありませんが、前回買い逃した方は覚えていて下さい。

僕からの特典は、こちらの下の方をご覧ください。

↑のサインツールもお付けしていますよ。

 

コメントを残す