【破産確率シュミレーター】裁量トレードの教材に特典追加します

アドバンスド・ホーミングFX、MaestroFXなど
裁量トレード教材に特典を追加します。

トレード手法(あるいはシステム)を評価するときに大事な項目が
[box_b]

  • 勝率
  • リスクリワード比

[/box_b]です。
[box_h]※リスクリワード比 = 平均利益 / 平均損失[/box_h]
リスクリワード比が低ければ、勝率を高める必要があります。

代表的なのがナンピンマーチン手法ですね。

1回の勝ち額に対して1回の負け額が大きいので、
それをカバーするために勝ちをたくさん重ねないといけません。

それとは反対に、
勝率が低ければ、リスクリワード比を高める必要があります。

トレンドフォロー系の手法がこれにあたります。

負けトレードも結構あるけれど、細かく損切りして、
勝てる時に一気に勝つイメージです。

もちろんどちらも高ければ最高ですが、なかなかそう上手くは行かないものです^^;

ではどの位の勝率とリスクリワード比があればいいのか?

まずは期待値(理論上、1回のトレードでいくらの利益になるか)がプラスになること
が最低条件です。

勝ちと負けが「1:1」であれば、「勝率50%超」です。
50%未満なら、やればやるほど負けていく事になります。

※期待値をサクッと計算できるようにExcelシートを作ったので
 こちらは誰でも自由に持っていって下さい。→(ダウンロード)

ただ、期待値がプラスになればそれでOKというわけではないんです。

さらに資金管理の問題があります。

手持ちの資金でどれだけのリスクを取るか、
具体的にいうと何ロットで攻めるかということです。

先ほどの例でいうと、
勝ち負けが1:1で、勝率が60%なら期待値はプラスなので
やればやるほど資金は増えていきそうなものですが、
リスクのとり方次第では余裕で破綻します。

うまい具合に勝ちトレードと負けトレードが交互に出るようなら問題ないのですが、
最初に負けトレードが続いてしまうと復帰できない場合もあります。

◯ ◯ × × ◯ × ◯ × ◯ ◯

こんな60%なら大丈夫でも

× × × × ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯

こんな60%なら破産してしまうのなら、
その手法(システム)は”ヤバイ”という事になります。

逆にいうとそれに耐えられるように
リスク管理をした方がいいということです。

とはいえ、これを自分で計算するのはかなり大変ですので
[box_b]

  • 勝率
  • リスクリワード比
  • 初期資金
  • リスクをどの位とるか

[/box_b]の4つを元に、
破産する確率が何%かを計算するシミュレーターを用意しました。

具体的には、乱数を用いて擬似的にトレードを大量にさせて、
資金がどう推移するかのシミュレーションを行います。

破産確率シミュレーター

この破産確率が何回やっても0%になるように、
手法を改良していったり、資金管理を考えていけば、
ほぼほぼ破産するようなことはないだろうと考えられます。

(このシュミレーターは「バルサラの破産確率」の考え方が元になっています)

裁量トレードをする上で必須の考え方だと思いますので、
こちらのシミュレーターに解説レポートを付けて

「アドバンスド・ホーミングFX」
「MaestroFX」

の特典に追加します。

今までに購入した方にも、もちろん差し上げます。

メールアドレスが分かっている方は後ほどこちらから送付しますが、

「アドバンスド・ホーミングFX」はこれまで特に特典がなかったため、
購入者さんの把握ができていない方もいますので、右下のメールフォームからご連絡下さい。

追記

シミュレーター単体での販売は
今のところ考えていませんので、ご了承下さい。m(_ _)m

2件のコメント

  • 田島 健司

    破産確率シュミュレータを利用したいので送りいただけますか。よろしくお願いいたします。

    田島

    • 田島さん

      こんばんは。

      お送りしますので、
      インフォトップorインフォカートの注文番号を添えて、
      右のお問い合せフォームからメール下さい。

      よろしくお願いします。

コメントを残す