【無料EA】市場別に色分けができる『Time Zones』


為替市場は24時間どこかで動いているわけですが、
[box_b]

  • 東京市場は8時~17時
  • ロンドン市場は17時~2時
  • ニューヨーク市場は21~6時

[/box_b]といったように、時間帯によって活発な市場があります。

時間帯によって値動きのクセがあり、それを利用したトレード手法もあったりします。

パッと見で今がどの市場が動いているのか分かればいいのですが、それぞれ時差があるし、さらにMT4のサーバとの時差も、あとは夏時間かどうかもあるので、わけが分からなくなってきます。。。
私もこの時差の計算は大きらいです^^;

そこで時間帯別に色分けができる『Time Zones』というインジゲーターを使います。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.abysse.co.jp/mt4/indicators/Time%20Zones.mq4

使用例

パラメーターは簡単で、時間と色を指定するだけでOKです。
ロンドン市場を水色、ニューヨーク市場を黄色にしてみました。
Time Zonesパラメーター例

こんな感じで表示されます。
Time Zones
黄緑は両方に該当する時間帯です。(かぶっている部分は、色が勝手に混ざります)

『朝スキャ』をする方であれば、ニューヨーク市場と東京市場を色分けすると、色のついてない部分がターゲット時間帯になるので分かりやすいかも。

以前紹介した『JPN_Time_SubZero』と組み合わせると、より分かりやすいと思います。

注意点

一つ注意点としては、時間はMT4のサーバが基準となります。

今回の場合は、FXDDのMT4のサーバが夏時間で「GMT+3」、東京は「GMT+9」なので、日本時間から6時間マイナスした時間をセットしています。


コメントを残す