一撃必殺!鉄板マスタートレンド(TMT)のレビュー

発売されてから飛ぶように売れていて、無敵!とウワサのこの商材。
私も購入しましたので検証していきます。

基本情報

タイプ カスタムインジケーターEA
ロジック トレンドフォロー
対象通貨 全対応
時間足 全対応(推奨は15分足)
対象時間 全対応
口座縛り インジケーターなのでなし

 

MR.コージって誰?

米国カレンシー(※1)の選抜トレーダー20人に選ばれている凄腕トレーダーだそうです。
カレンシーのサイトに行ってみると、確かにトレーダーとして登録されています。

運用成績はこんな感じのようです(紫のほう)

(※1)
カレンシーは証券会社のFXDDが運営しているファンドサービスのようなものです。
投資家はトレーダーを選び、専用口座に入金すると、そのトレーダーが運用してくれます。
手数料として利益の20%がかかるようです。 

 

どういうロジックになってるのか

選抜トレーダーだろうがなんだろうが、大事なのは「このEAが勝てるかどうか」です。
トレードで勝てることと、EAを作れるかは、必ずしもイコールじゃないですからね。

さて、これまでレポートもいくつか読んできましたが、MR.コージ氏は
「テクニカル指標はシンプルなものだけでいい」との考えを持っています。

そのため、鉄板マスタートレンドのロジックもいたってシンプルです。

条件1
マルチタイムフレーム(事例では15分、30分、1時間)で表示させた
3本のトレンド指標(つまり全部で3×3=9本)の方向が全て一致していること

条件2
すでに行き過ぎていないことを独自のオシレータ指標で確認

方向は色で視覚的に表示されます。画面表示ははこんな感じ(クリックで拡大)

「トレンドの初動を検知するロジック」
「もみ合いからの上放れ・下放れを狙い撃ちするロジック」

一言でいってしまうと、こういうことです。

実際に、数日ユーロドルで動かしてみましたが、確かに大きな下落を捉えることもできました(クリックで拡大)

 

聖杯?

毎回こんな会心の一撃だったら最高なんですが、、、残念ながらそうはいきません。

鉄板マスタートレンドの弱点というよりは、順張り系の手法の特徴なのですが、
ブレイクアウトに代表されるトレンドの初動を狙った手法は、成功すると大きな利幅がとれる一方で、勝率が高くない=ダマシに合いやすいんです。

エントリーが初動に近ければ近いほど、ダマシに合いやすくなりますし、
反対にトレンドが確定してからのエントリーだと、エントリーが遅れて涙目・・・
となってしまうジレンマが常につきまといます。

↑のトレードはかなりハマったケースで、細かい負けトレードはいくつもあります。

とはいっても、ダマシにあった時の損失は小さいので、レンジ相場では必要経費と割り切りって、トレンド相場で一気に取る。そんなイメージですね。

 

テクニカル指標の遅行対策

エントリーの基準にトレンド指標を使っています。
少しむずかしい話になるんですが、ほとんどのトレンド指標は「遅行性」を持っています。

例えば移動平均線。
数本~数十本の平均値の軌跡なので、直近のレートが移動平均線に与える影響は少ないです。

ある程度トレンドが進んまないと移動平均線に反映されてこないので、サインが出た時には既にエントリーできる水準じゃない・・・ということがかなり多いです。
ゴールデンクロス、デッドクロスで勝てないのもこの理由です。

鉄板マスタートレンドは遅行性の対策として、ちょっとした工夫がされています。

 

1回のトレードで資金が10倍?

「わずか1ヶ月、24万円の資金で240万円稼いだ」
と販売ページに書いてあって、非常に興味をそそります。

これについては、「そりゃ理論的には可能かもしれないけど・・・」という感じです。
ウソではないと思うんですが、プロの犯行です。
そもそも、1トレードで10倍になるようなトレードって、結果勝てたとしても資金管理的に問題アリでしょう^^;

他にもたくさん事例が載っていますが、どれも「かなり上手くいった事例」なので、理論値のMAXということで捉えましょう。

あと「えぇー!?」って感じですが、「P」は「Pips」じゃなくて「Point」だそうです(1Point=10Pips)
販売ページにも一応書いてあるんですが、紛らわしいのでご留意下さいね。

 

向いている人、向いてない人

最初にも書きましたが、このEAはカスタムインジゲーターです。
エントリーの基準だけで、どこで決済するかは(一応の目安は示されてますが)各自の裁量に任されています。

なので相場観が養われている人にはキラーツールとなり得るかもしれませんが、
一方で、サポート・レジスタンス・トレンドライン等の基本的なテクニカル分析や資金管理が身に付いている人でないと、宝の持ち腐れとなってしまう可能性大です。

購入する場合は、いきなりリアル口座での運用はしないで、デモ口座で「どういう時にサインがでるのか」雰囲気を掴んだ方がいいかと思います。

 

自動売買化して検証してみます

実際どの位の頻度でサインが出るのかわからないので、バックテストの意味も兼ねて自動売買EA化してみます。
(設定でアラートメールが送れるようになってるんですが、これは正直使えません・・・^^;)

このEAは当サイト経由で購入された方には特典でお付けしたいと思います。

~ 追記 ~
EA完成しました。

製作過程も書いていますので、見てみて下さい。
EA制作に興味がある方は面白いと思います^^

>>特典付き『鉄板マスタートレンド』はこちら

コメントを残す